おおみそか
2012年12月31日 (月) | 編集 |
 そんなわけで2012年も店じまい。
 今年の正月が昨日のことのようなのに、明日はもう来年の正月か……。(←間違いではないが、まぎらわしい日本語;;)

 おかげさまで今年の正月準備は順調に進みました。
 が、なんだか妙にぐったりしてます。(^^;)

 コミケも今日が最終日ですねえ。昨日はうちのほうでは相当な大雨でしたが、お台場近辺もやはり大雨だったそうですね。
 コミケで大雨というのはあんまり記憶がないです…。まったくなかったわけではないが、ここまで悪天候というのはちょっと珍しい。

 伝説のお天気マスターはやはり引退してしまったのか、それとも、お天気マスターの神通力(?)も通用しないほど、なにかこう、邪悪なものがきちゃっているのか。
 昨日の雨を見ながら、
「もしこういう雨がお台場のほうでも降っているのだとしたら、それは、ああいうことになってしまった参加者の『涙雨』かもしれないな」
 と、ちらっと考えておりました。

 脅迫というのは呪詛の実力行使みたいなもんですが、私としては全力で、「呪詛返し」をしていいんじゃないかと思ってしまいます、この犯人には。
 仏教徒としてはあるまじきことなので、もちろん本気じゃありませんが。(^^;)
 こういうことしてると、ろくな後生を迎えられないぞよ。

<黒子のバスケ>コミケで同人誌900サークル出展見合わせ 37年で初の大規模自粛
MANTANWEB: 2012年12月30日(日)13時16分配信
http://news.nicovideo.jp/watch/nw475768

 この執拗な脅迫というのは私もちらちらと小耳に挟んでおりましたが、どうも病的なものを感じますよね。……もっとも、健全な精神の脅迫者なんてもんが、いるはずもありませんが。

 こういう脅迫を通してしまったというのは残念なことです。過去にも、コミケの開催自体のとりやめを求める脅迫がありましたが、それでも頑張って開催してきたのにねえ。
 今回の脅迫については警察、会場側からつよい懸念が表明された結果のようです。過去のそれと比べても、圧倒的にキチガイじみていて、シャレにならないものを感じさせるから、なんでしょうね。
 すでにあやうく、死者が出るところだったとのことなので。

妄想で逆恨み? 50カ所に脅迫状届く 「怨恨」捜査におもわぬ壁 
2012.12.26 14:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121226/crm12122614040011-n1.htm

 単なる脅迫者ではない。この犯人は、立派に殺人未遂犯ですね。

 私は黒子のバスケ(略して黒バス……ですか)はまったく存じません。ジャンプのやり方が気に入らないので、もう、相当以前から、ジャンプは読まないことにしております。テニスにハマったときは、
「だってこれジャンプだよ! まともに終わるわけないじゃん!!(号泣)」
 と、ハマったときから終わるときの惨状を想像して泣いていたほど、本来は、ジャンプが「嫌い」です。

 ゆえに黒子のバスケも存じません。最初にみたときは「ホクロのバスケって何?(←真顔)」などと寝言をかましたほどです。(^^;)

 そういうわけで作品には思い入れはまったくありませんが、それでもこの脅迫者には怒りを覚えております。
 一歩間違えば、まるで無関係の、無辜の人を殺すところだったとあっては、ガキのイタズラでは、もう済まされません。

 これまでの行動を聞いても、相当、ヒマがある人が犯人なんだろうというのは察せられますね。朝から晩まで働いている社会人や、実験やレポートに追われている学生さんには、ここまで実行できる時間がそもそもないわけですからねえ。

 社会との接触がないぶんだけ、警察の捜査も進展しにくいところはあるのでしょう。
 なんにしても、早いところ、犯人が捕まることを祈ります。

 なんだか、イヤな話題になってしまいましたね。すみません。(^^ゞ

 2012年、今年は私にとってはどうだったかと考えますと。
 ………まあ、率直に言えば、あんまりいい年ではなかったかな……残念だけど。

 それでも今年は、ヤケクソになったおかげで、いままで実行できなかったことをいくつか実行できたのはよかったです。(^-^)
 今年いちばんの収穫はなんといっても、バイオリニスト、三浦文彰さんでしょう。
 先々が楽しみな、すてきな演奏家を知ることができたのは、まことにもって、願ってもない僥倖でした。

 個人的にはジャズダンスを始めたことも、よかったです。レッスン2回目で肩こりが治ったのには驚きましたわ。
 いままで、どれほど運動不足だったのかと(笑)

 ダンスを楽しみ、祖母が危篤になったためにお流れになっていた、フジコ・ヘミングさんのコンサートへも行き、三浦さんの演奏に出会い、神戸のリゾートホテルを堪能し、世界の名画を鑑賞し、かねてから憧れのクルーズというものを、ちょこっと味わい。

 そういうところでは、ずいぶん、積極的に動いたなという感じがします。
 それもこれも、じつのところは積極的というより「ヤケクソ」だったからというあたりが、ちょっとアレなんですけども。(^^;)

 まあ、明日には明日の風が吹くとしか、言いようがないですものねえ。この世は。

 たしかにこの世は美しい。それでもやっぱり、もう人生も店じまいしたいな、と思ってしまうのも、偽りのないところ。そのへんでいつも気持ちが揺らいでおります。
 店じまいの日程は、こればかりは、自分ではなんともしようがありません。そのへん、あまり思い出さないほうがいいんでしょうが。(^^;)
 
 これで今年も終わりか、と。

 以前には新しいカレンダーを用意するのも楽しいものがありましたが、さすがに今年は、カレンダーをみるのも、もううんざり、という気持ちがあります。
 いつまでこんな(無意味な)ことやってんだろうなあアタシ。みたいな気持ちですね。

 それでも、まあ今年もそれなりに、大過なく過ごせたのは、ありがたいことと思っております。

 こういう調子で、どうも愚痴っぽいブログでございますが、おつきあい下さいました方、ありがとうございました。

 来る新しい年が、皆様にとりまして、よりよい年となりますようにお祈り申し上げます。

 今年も、本当にありがとうございました。

 みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。m(_ _)m

 
関連記事
裸の王様
2012年12月30日 (日) | 編集 |
 もう先週かその前の週から始まっております……「指先のぱっくり割れ」。
 痛いよー(涙)

 もともと霜焼けなどにはならないので、ぱっくり割れも大きいものではなく、他人の目からはほとんどわからない程度の、ごくごく小さいものですが。
 でも、指先で割れがおこると、痛いんですよねこれが。(;_;)

 通常、このぱっくり割れが起こるのは年を越して、2月頃になるとさすがに……というところなのが、今年はもう12月中旬で出てきてしまいました。
 ………これが春まで続くのかと思うと。(T_T)
 
 絆創膏も、水絆創膏も、アロエクリームもなにも効かない。できては治り、出てきては治りを繰り返すのみ。——春がくるまで。

        ●

 やっぱり新聞てのはおかしいですねえ。
 ここんとこ、ほぼ毎朝、日経新聞のコラム「春秋」が、遠回しにですが、安倍総理をディスってます。
 ほんと、おかしな連中ですよ。なにも仕事をしない民主党のときは黙っていたのに、一生懸命仕事をしている人の悪口をいうとは。

 今朝の悪口はバラマキのことでしたが。あのさー。民主党がやってきたバラマキなんか、その比じゃないわけでしょう。自民党時代におさえてきた赤字国債、民主党政権ではどれほど増額したか、知らないわけじゃあるまい。仮にも経済新聞を名乗っているんだから。

 ほんと、これじゃあ若い人が新聞とらなくなるのは無理もないわ……。と、今朝はしみじみ思いました。
 自分たちが、人としての心からも、道理からも離反することをしておいて、つまり、他人から嫌われるような「みっともない」真似をしておいて、それでいて、嫌われると、自分が悪いのではなく相手が悪いのだと言い張る。

 ………あれ。なんかデジャブだな。こういう人(国)、いますよね日本の近所に。
 
 安倍総理はもう、総理になるまえからばんばん仕事を進めていましたものね。外交であれ、経済問題であれ。

 そういう、真面目に働く人をディスるというのはどういう了見なのか日経新聞。
 なにが「若者の新聞離れ」ですか。
 新聞離れじゃない。あなたがたは、「見捨てられている」のですよ。

 これは電子書籍云々の問題でもない。
 かつては「社会の木鐸」という気概もあり、その気概が認められてもいた時代もあったのでしょうが、結局、それによってメディアは「権力」化し、自分たちには支配力、大勢の人を思うままに動かせる力がある、と驕り。
 あげくのはてには、「裸の王様」は、いま、読者から見捨てられつつある。

 そのことに対する危機感も、反省もなく、かえって国の発展を邪魔しようとするとは、言語道断といっても間に合わない。

 さすがに日経新聞あたりは毎日さんほどには露骨には書かないというだけのことで、なに、言っていることは同じなんですよね。
 
 メディアが左よりなのは、わりとどこの国でも共通することのようなんですが、とうとう、自国の利益の邪魔をするようにまでなるとは、末期症状も通り過ぎたというところでしょうか。
 ただ、これが「自国の利益の邪魔」だから、あんたらおかしいよ、と言われるのでして、これらの行動、言動でも、おかしくはない条件はひとつだけ、考えられる。
 すなわち、こういう記事などをかく人あるいは団体は、「日本人ではない」場合。

 これなら、整合性はある。行動に矛盾はない。

 そのへん、どうでしょうかね、日経さん。白状するなら白状してくれないかしら。(←決めつけ)
 そうならそうだとはっきりしてくれたほうが、こちらも無駄に苛つかずにすむんですけど。(^^;)

 さて。
 本日は掃除の仕上げと買い出しだー。
 お風呂掃除は明日にしました…; 本日は雨のため、風呂場は洗濯物を乾燥させるのに使用中。

 コミケ会場、雨になってませんかね。大丈夫かな。
 シンデレラの気持ちで、でも、ご参加の皆様の無事をお祈りしております。
(未練たっぷりですね、我ながら;;)

 
関連記事
クリスマスの約束
2012年12月29日 (土) | 編集 |
 さてさて、年末の週末でございます。
 今日からビッグサイトではコミックマーケットが開催ですね。(←舞踏会にいけないシンデレラの気持ち)

 天気予報では最初は、今日は雪とか雨とか言っていましたが、日の出とともにお天気回復のごようす。なによりです。
 気温も高めになるような話も聞いているのですが……一般でおでかけの方にはとくに、体調にお気をつけて、楽しんできてくださいませ。

 今日の私の予定はトイレ掃除、仏壇と神棚の掃除と正月飾りでございます。

        ●

 インフルエンザはそうでもないんだけど、ノロウィルスは本気で怖い;;
 うちのほうでも、症状が出て病院へ電話したら、「来るな」ということを、もちろん遠回しにですが言われた、という人がいまして。

 脱水症にだけは気をつけて、もう、出すものを出すしかない、というのは理屈としてはわかりますけどね。(^^;)

 病院へ行けという説もあるし、かえってウイルスを拡散するだけだから、重症ではないなら来るなという説もあるし。
 どうしたもんでございましょうか……。もし罹患したらの話だけど。(←心配性)

        ●

 小田和正さんの「クリスマスの約束」、録画してあったのを見終わりました。
 あいもかわらずきれいなお声で。

 この「クリスマスの約束」、いつからだったかなあ、と思って検索したら、……ああ、さすがWikipedia、ちゃんとこの項目がありました……。

クリスマスの約束
http://ja.wikipedia.org/wiki/クリスマスの約束

 最初は、深夜に30分の番組でした。しかし、このウィキの記事にもあるとおり、当初は、とにかく、なにを警戒するのか知りませんが、ゲストが来てくれない、という状態だったようです。
 アーティスト同士ってやっぱり仲が悪いのか、くらいにしか、私は思いませんでしたけれども——なんせ小田さんのファンですから、ゲストはべつに、いてもいなくてもいい(←ヲイ)というのが私の本音だったし。(^^ゞ

 ただ、——そうですねえ、「月曜組曲」が(歌謡番組として)当たった、あたりからでしょうか。このクリスマスの約束にも、かなり積極的に、ゲストが来てくれるようになりましたね。

 近年ではことに若いアーティストを引き立てるような構成で、これはこれで楽しいもの。
 別のアーティストの歌を、小田さんが歌うのを聞くのも、新たな発見になって楽しいですし。
(尾崎豊さんの「I LOVE YOU」を小田さんが歌うのを聞いたときは、オリジナルではファルセットになるところが、ファルセットなしでそのままだったことに驚愕)

 ある歌を、オリジナル以外の歌手が歌うというのも聞いていて楽しいものですよね。レイ・チャールズの歌う「いとしのエリー」ではそのあまりの名曲ぶりに、衝撃で椅子から落ちそうになったり、やわらかに歌う槇原敬之さんの「秋の気配」を聞いて、小田さんの歌い方はじつは、たいそう男前だったのだということがわかりましたし。

 それにしても毎度、小田さんの声を聞いていると泣けてきます。
 昔は、それはあの独特のハイトーンヴォイスが好きで、きれいだとは思っていましたが、小田さんが——そうですねえ、50歳代に入って以降でしょうか、……たぶん、事故で大けがを負った、あれからかな、という気がするのですが。
 小田さんの声に、ただきれいというばかりではなく、「癒し」の効果が現れてきた気がする。

 月曜組曲でもときどきありましたねえ。あの番組では、べつに小田さんのファンというわけではない人々が集まっていたことを思うと、すごいな、と思うのですが。
 胸にしみいる、やさしいものが、あの声の中に入り込んでいるようです。

 なぜか、涙が出てくる——とくに悲しいとか感動とかとは自覚がないときでさえ——ああいうのは、本当に、心になにかが触れて、心を浄化してくれるのだろうと思います。

 私はあからさまな、これ見よがしの、ものほしげな「お涙頂戴」ドラマがまったくダメなんですが(いきなり怒り出す始末;;)、小田さんの歌を聞いているときの——自分でもわからないうちに胸が震えてあふれてくる涙は、心地よい、と感じます。素直に。

 それにしても会場に詰めかけたお客さん、年齢層がみごとに幅広かったですねえ。(^^;)
 全体としては女性のほうが人数は多かったと思いますが、それでも、男性もまた、若い人から小田さんと同年代の方まで。

 歌、音楽、というのは、いいもんだ、と思います。

 小田さんのつむぎだす歌詞というものはここ最近とくに、メッセージ性のあるものになってきていますが、今回あらためて、その歌詞を眺めていて、
「こういうメッセージを、ただ、会話の中で伝えられても、これほどには胸は震えないだろう」
 と思いましたね。(^^;)

 たいへん「いいこと」を言っているメッセージでも、場合と人によっては「あーハイハイ」みたいに、かえって軽い反発さえ感じるかもしれないのを、歌になり、また、誰かが歌うと、なぜか、涙が出てくる。

 芸術のもつ、「天徳」ですよねこれは。

 芸術の中でも音楽というのは天上にもっとも近い。

 震災のときに「なにもできない」といじけた芸術関係者の話はよく聞きますが、そういう考えは違うと思う。
 生きるか死ぬかの場面を、やっとどうにか切り抜けたら——もうそのときから、芸術こそが、人の心や魂のために必要なのだということを、私はむしろ強く感じましたよ。

 生きるためにパンは必要だ。けれども、うちひしがれた心のためには、芸術こそが必要だ。

 まだ避難所も落ち着ききってはいないなかでも、私たちは本を集めて被災地に送った。歌を届けた人がいた。その意味を、芸術に関わる人たちには、見失わないでもらいたい。そう思います。

 あのとき、まっさきに、ギターを持って被災地に乗り込み、ことに、自衛隊を慰問したのが長渕剛さんでしたね。
 私個人は長渕剛さんにはあまり興味がないのですが(すみません)、あのときは本当に感心しました。

 若い自衛隊員たちが、長渕さんの歌によって気持ちを「開放」していくのを見たとき、やっぱり歌って、いいなあ、すごいなあ、と思いました。

 歌はいいもんです。
 そして、小田さんは、すてきです。(←30年来のファンですから、この発言はご容赦ください)

 クリスマスの約束は、いまや、私にとっては、七夕みたいなものになってきました(笑)

 
関連記事
本日、仕事納め
2012年12月28日 (金) | 編集 |
 今年はカレンダーの並びがいいですね。今日で仕事納めというところも多いかと思いますが、ちょうど金曜日なのでキリがいい感じ。
 私も今日で仕事納め。
 家の用事のほうでは、餅つきを昨日(昨夜)すませました。
 GOPANで。(^^;)

 神棚などにお供えする小さい鏡餅の分だけなので、——GOPANでは最大でも3合までですが、充分です。

 つきたてのお餅、見ていると食べたくなりますが、うちの場合は小さい鏡餅6組でちょうど3合になるので、鏡餅を作るだけ。鏡餅を作ったら、余ったお餅をそのまま食べるということはできません。

 でもとりあえず、鏡餅ができるとホッとします。これで年末の準備もおおむね終わりです。
 年賀状も昨日投函してきたので、順調なほうです。

 明日からコミケだというのにお天気はイマイチだそうですが、——大掃除については外回りはもう終わっていて、あとは家の中のこまごましたところを残すのみだから、雨でも大丈夫。

 それにしても1年が早いなあ。

       ●

 アメリカの銃規制のお話なんですが。

 いやはや、全米ライフル協会はあいかわらずのキチガイぶりですね。共和党の議員の中にもトチ狂っているとしかいいようのない発言もありました。
 各学校の校長にライフル(M4ライフル)を持たせればいいんですとさ。
 各校長先生を全員、SWAT並のスナイパーにするとでも?

 話を聞いていて銃の「規制」という言い方をするから、その緊急性と緊張感が伝わらないんだなと思いまして。
 だから、規制じゃなくて、武装解除 Disarmament というべきですよねこれは。
 さすがにこの言葉をつかえば、NRAでも、どんな状況が求められているかがイメージできるでしょう。

 商売あがったりになるので、それこそ半狂乱になって怒るかもしれませんが。(^^;)

 各家庭にごくふつーに火器が——しかも極めて強力なものが複数ある、というのは、どー考えても戦争状態でしょう。

 いつまで独立戦争や南北戦争やってんですかアメリカ。
 規制の話じゃない。兵士でもない、一般市民の武装解除をしろという話なんですよねこれ。

 規制だなんて、甘っちょろい単語を使うから、イメージが伝わらないのかな。……ま、言葉の問題でもないんだとは思いますが。

 治安や警察の能力、住民のレベル、といった諸条件が背景にあるのは事実なので、そこらへんはわかりますけどね。
 でも、日本ではキチガイに刃物という言い方があるのですが、刃物とは比較にならない殺傷能力の高い火器をキチガイに持たせるのは、もうお話にならない、ということは、よくよくわかったんじゃないのか。

 じっさい、同じキチガイによる事件でも、犯人が持っていたのが刃物なのか銃なのかでは、被害の規模が違う。それが問題。
 被害者が数人ですむのか、それとも数十人の犠牲者が出るのかでは、ぜんぜん違う。

 犠牲者の立場にすればどっちにしろたまったもんじゃないわけですが、数十人よりは数人のほうが「まし」である、というのは、酷だけれども現実なんですよね。

 トリアージというのも厳しいものですが、ああいう判断に近い話です。

 イヤな話なので私もあんまり言いたくないことですが、——そこまで言わないとわからない人ってやはりいるんだなと思いまして。
 NRAあたりは、むしろ、そこらへんはわかっていて、そのうえで無視してかかっているんでしょうけどね。最初から。

 その昔——日本人留学生が、なにもしていないのに銃殺された事件(1992年)のころ、私も英会話教室へ通っておりまして、アメリカ人の先生が、「日本人はアメリカがすごい危険だと思っているようだけれど、しょっちゅうこんな事件が起きているわけではない」と言っても、我々日本人は、うーんと言ったきりまともに返事ができなかったものです。

 アメリカは危険じゃない、と思っているのは、そりゃもうそういう状況に「慣れて」いるだけのことだろうと私は思いました。ようは、あなた方はもう感覚が麻痺してんのね、と。

 日本では秀吉さんのときに刀狩りがなされて以来、江戸時代でも、「人切り包丁」をもつ層はきわめて厳密に限定されていたし、その流れはずーっと続いてきたからなあ。
 お国の歴史が違うというのは承知しているのですが、しかしいーかげん、武装解除を考えたほうがよろしいんじゃないかと思います。

 あ。ちなみに、その1992年の事件のとき、被害者は、加害者から「Freeze !」と警告されたにもかかわらず止まらなかった、というのも情報として入ってきていました。
 で、英会話の先生に、「私の耳では、Freeze も Please も区別がつかない」(当時は、ですよ;;)といったら、それこそ信じられない、という顔をされました。(^^;)

 しょーがねーでしょーよ、あたしゃいまだにLとRの区別は得意じゃないですよ。

 日本人がこのふたつの子音を特に苦手にしている(あとはBとV)のは事実ですが、こういう次第ですから、とにかくFreeze だけは、覚えるようにしましょう。身の安全のために。

 辞書をみるとFreezeというのは、ハングアップ! に同じである、てなことが書いてありますが、先生によると、フリーズというのは相当強い命令で、これを無視すると射殺されても仕方ないくらいの、強い警告だそうです。

 たんに「止まれ」ではなくて、「だるまさんがころんだ」式に、ほんとに、全身の動きをぴたりととめなければならないんだそうです。
 ヘタにポケットやカバンに手を伸ばすとそのまま撃たれることがあり、それでも文句は言えないとのことでした。

 ………日本人には想像つかない世界です。

 やっぱりアメリカ本土はいまだに戦争状態なんじゃないのと思いましたが、私の英会話能力ではうまく言えませんでしたそのへん。(^^;)
 
関連記事
ある判決
2012年12月27日 (木) | 編集 |
 クリスマスも終わったので、ブログのテンプレートも替えなければ、と思いつつ。
 すぐにお正月になるしなあ。このまま年越ししてもいいかな? (^^;)

      ●
 
 いろんなことでドタバタしているあいだに、ひとつ嬉しい知らせがあったのでした。

国側の敗訴確定へ=ネット医薬品販売規制—来月11日に判決・最高裁
2012年 12月21日(金)15時34分  時事通信

 ネットにおける医薬品販売がこれで解禁となってくれればありがたいんですがねえ。
 これで二審の国の敗訴が確定ということだそうですから、もうおおむね大丈夫だろうと思いますが。

 それにしてもこの件は本当に不思議でならない経緯でした。どういう業界団体による圧力だったんでしょうかね。おおむね見当はつくけれど、団体名までは把握しておりません。

 対面販売なら大丈夫というのは詭弁にもなってないのを、無理に押切ったあの過程はまったく理解不可能でした。

 しかももっと不思議でならないのは、地裁、一審判決は国の、このめちゃくちゃな言い分を支持していること。

 地裁というのはどーなってんですかね。今回のことに限らず地裁判決というのは、私から見ると、納得できない判決になる確率が極めて高いんですよね。殺人事件であれなんであれ。

 あれか、一審だとどのみち控訴という手段があるんだから、一審はテキトーに判決文書いとけばいいや、というような意識でもあるのか。
 そんなはずはあるまいとは思うんですがねえ……、それでも、「なんで地裁判決って、納得できないことが多いのかなあ」と、不思議に思ってます。

 被告人の責任は重大であるといっておきながら、求刑から大幅にディスカウントされた判決だったり、執行猶予がついたり。
 納得できないな、と思っていて、2審になると、そうだよね、人を殺しておいて一審のあの判決はないよね。という結論にいたる。

 地裁って、なにやってんの? どうせ2審にいくんだからテキトーでいいやとでも思ってんの? と、つい言いたくなるんですが、そんなのは私だけでしょうか。(^^;)

 奇妙な、特有の言語と「不文律」をもつ、司法のギョーカイならではの、一審判決についての「きまり」があるのかもしれないと疑っているのですが、それは穿ちすぎでしょうか。(^^;)

 司法がこういうありさまだから裁判員制度だなんて、市民に負担をかけることになったんだが、そこらへん、法曹界(裁判官のみならず、です)は反省してくれているんだろうか?
 
 なんにしても、とくに漢方薬の購入でお世話になっていた薬店さん(実店舗ありの、ネット販売店)で、またあれこれ、相談に乗ってもらいながら購入できるというのはありがたいことです。

 省令ひとつでここまでこっちの利便性をガッタガタにしやがって、あいかわらずだよな厚労省は! と、思わず罵倒してしまいます。
 新薬の認可も遅いですしね。大問題ですよ、ドラッグラグって。人の命が関わっているんですから。
 厚生省のころから、この省は、日本国民を病気にし、殺すことが楽しくってしょうがないらしい、と思って私は見ております。

 ゆえに、トクホと呼ばれるものについても、
「あの(国民の健康を損なうことを楽しみにしている)厚生省〜厚労省の認可だなんて、あぶないあぶない(笑)」
 と、冗談というか、イヤミで言っていたのが、とある食品関連のトクホ商品に、発がん性が疑われると発表されたときは、「冗談で言っていたのに、まさかマジだったとは」と思わず茫然としたものでございます。

 安倍晋三総理大臣は、ご自身の経験から、やはり薬の認可速度が遅いというのを身を以て実感なさり、そういうところも改善していきたい、という旨のご発言もあったそうで。
 ぜひ、そうしていただきたいと思います。

 ピルの認可には数十年かかりながら、バイアグラはたった半年で異例のスピード認可したときは、もう、イヤミも出てこない、ただあまりの馬鹿馬鹿しさに苦く笑うのが精一杯でしたけれども。
(そんなに霞ヶ関のお役人様にはニーズが高いんですかねバイアグラは。そんなに××××××が多いの? と、……そこまでいったらちょっと下品でしょうね;; 言っちゃったけど;;)

 選挙やらなんやらのかげにかくれてしまったニュースでしたが、私としては、快哉を叫ぶよりは、ほっとした、というニュースでした。

 ケンコーコムさんも本当に大変だったと思います。その後の経緯をみても。
 私もできるだけこちらで買い物をするようにしてきたんですが……。私にできるのはそんなことくらいで。

 対面販売だろうがネット販売だろうが、薬というのは毒なのだ、ということにはなんの変わりもありません。
 そういう本質論を、屁理屈にもならないもので歪めた罪は重い、と個人的には思っております。

 漢方薬なら安全と思っている人がいるのも、じつは、ちょっとアブナイなと思っています。漢方薬のいいところは、体質の相談をしながら購入できるというところにあるわけなので——漢方薬もまた、毒であることは同じ。

 そういうあたりを周知徹底させるのが、厚労省の本当の役目だと思いますがね。

 なんにしても、石が流れて木の葉が沈むことが、解消されるようで、ホッとしました。

 
関連記事
千年にも
2012年12月26日 (水) | 編集 |
 ネットを利用しての投票はともあれ、ネットを使っての選挙活動を解禁しよう、という動きについて、うちの母の意見。

「せっかくそういう便利なもの(インターネット)を利用して選挙活動をしようというのだから、その内容は、自分の政策を語ることに限定する。ほかの党や候補者についての言及はいっさい禁止」
「禁止ですか」
「禁止。ほんのちょっとでも他党のことを引き合いに出したら、即、レッドカード」
「え。一発退場すか?」
「それくらい厳しくしないと誰も守らない」
「……ごもっとも」

 総務省にこのへん提案してみるか? (^^;)

      ●

 政治家のみならず、ネット貧民もあいかわらず、口を開けばひとさまの悪口しか言わないのなー。ま、貧民だから仕方ないけど。と、これも悪口を言いながら、(^^;) 「平清盛」関連の悪口を見ておりました。

 そのなかに、なんですか、あのドラマで「王家」という表現があったのが、反日プロパガンダだというご意見がありましたので、ふーむと考えておりました。

 ま、たしかに「日王」はないですわな。そういうセリフがじっさいあったかどうかは私は未確認ですが。……あったんですか?

 しかし、このへん考えるとややこしいことになるんですよねー。日本史を勉強なさった方なら詳しくご存知でしょうが、日本の朝廷はその昔、「皇帝」「天皇」「天子」というのを、場面や状況で使い分けていたそうなんで。

 Wikipediaによれば、祭祀のときは天子、詔書では天皇、外交、対外時は「皇帝」、というような規定が律令にある、とのこと。………へーえ。

 ともあれ、清盛さんの——あの平安末期には「皇室」という言葉は存在していなかったはず。ゆえに王家という表現が妥当か否かはちょっと考えちゃうなあ。

 天皇、という言葉を使い始めたのは、天武天皇ということじゃなかったかな。天皇と初めて名乗ったのが、というべきか。
 それまでは「大王(おおきみ)」ですよね。あるいは大和言葉では「すめらみこと」「すめらぎのみこと」、すめみま、とか。

 王と皇を、どの程度区別していたか、勉強不足で私にはわかりません。ただ、崇徳上皇の、有名な、呪詛同然のあの言葉は、
皇(おう)をとって民となし、民を皇となさん(皇を一般庶民におとしめ、庶民を皇としてやろう)」
 と表記されて伝わっているので、発音はどちらも同じ「おう」ですが、「すめらみこと」は「皇」と表記するという意識はあったんでしょうねえ。

 平家物語ではどうかなと思って見てみましたが、やはり、皇室、皇族という意味のときでも、そういう言葉は使わず、ただ「君(きみ)」というのみです。まあ、それで充分通じますが。
 エライ人のことは直截(ちょくせつ)の呼び方をしないというのが世界共通の「礼儀」でもあるし、当時はわざわざ、皇室などという言い方をする必要もなかったんでしょうし。
 なんせ天皇ならびにそのご一族には姓というものがない。あえて他と区別するための呼称は必要なかったというのが実情でしょうしねえ。

 ——山吹の花の盛りにかくの如(ごと)
  君を見まくは 千年(ちとせ)にもがも

(万葉集、巻二十、大伴家持)
(山吹の花盛りに、このように我が君=天皇を仰ぎ見ることは、千年の末までもと願われます)

 天皇という言葉はすっかりおなじみなのに、その起源、その起こり、歴史、正確な意味を、私どもは知らないままなんですね。
 どうも我々、知った気になっているつもりでいて、じつはなーんも知らん、ということなんじゃないでしょうかね。

 ともあれ日本人自身が日王を名乗ることはたしかにない。ただ、足利義満が、明とのやりとりの際、日王というようなまぎらわしい名称をつかったとかなんとか、聞いたことがあるような。
 義満さんもじつは天皇になろうとしていた、あやしい人ではあるんですよね。(^^;)
 当時のシナの皇帝から自分が日本のトップだと認められることによって、国内的にも天皇にとってかわることを目論んでいた形跡が。

 それにくらべたら、自分自身が天皇になろうとは思っていなかった清盛さんは謙虚なほうかもしれませんね。

 たしか渡部昇一先生のご著書でお見かけしたと思うのですが、違ったらごめんなさい——、日本の歴史は、シナにへつらい、臣下の扱いを受けることで箔付けしようとする勢力と、日本はあくまで独立国家として対応する、という、いわば聖徳太子のように、シナと対等であるという態度で臨む勢力とのせめぎあいの歴史でもある、と。
 なるほど、それは言える、と感心したことがあります。

 義満さんは典型的な、「媚中派」というところでしょう。
 清盛さんはそこまででもなくて、まあ、対等にやろうという意識がどこまであったかは不明ながら、あちらさまに露骨に「臣下の礼」をとって、自分の政権を保証してもらおうとはしていない。

 考えてみたら、そのあたりは、(義満とくらべれば)評価していいことかもしれませんね。清盛さんについては。
 あ。媚中派は清盛さんのそういうところは評価しないのか(笑)

 ここで話題になっているのはシナのことですが、——朝鮮は? というと。
 日本の歴史をふりかえりますと、「媚中派」はいたけど、朝鮮に取り入って自分の政権を箔付け、なんてことは、なかったんじゃないですかね。日本からみて朝鮮が、そこまでの権威が認められていたようには思えない。

 なにしろ元寇のときも、元のパシリで来ていたのが高麗だし。
 秀吉のアレは「朝鮮出兵」とされていますが、じつは秀吉は朝鮮はもう自分の子分くらいのつもりでいて、本当の目標は明だった、というのですね——フロイスの「日本史」によれば。

完訳フロイス日本史〈1〉将軍義輝の最期および自由都市堺―織田信長篇(1) (中公文庫)完訳フロイス日本史〈1〉将軍義輝の最期および自由都市堺―織田信長篇(1) (中公文庫)
(2000/01)
ルイス フロイス

商品詳細を見る


 秀吉さんからしてみると、朝鮮に対しては、「これから自分は明へ攻め込むので、おまえら、道を開けろ」というつもりだったんだそうで。

 ……これはまずいわ…。言わないほうがいいわ…、そんな話を聞いたらあの人たちは、また、民族的精神疾患の状態になるわ……と、私も、思わずそっと「日本史」を閉じてしまいました。(^^;)
 自分たちがマトモに敵とさえ認識されていなかったなんて聞いたら、またなんて言うか。

 秀吉さんはしかし、そうやって「単なる通り道」のつもりだった朝鮮で、たいへんな痛手を負うわけなので、なんにしても愚かしい。

 なんにしても、簡単にいうと日本人の意識としては古くから、シナについてはそれなりに認めているが、朝鮮はもう、アウトオブ眼中状態てことですね。シナほどにも権威はない。
 これを言ったらまた怒られるんでしょうけど;;

 かく申す私も、そういう日本伝統の観点を引いているうちのひとりです。対シナについては、卑弥呼や足利義満ではなく、聖徳太子のほうの系譜で。
(卑弥呼も、自分の王権や邪馬台国に箔付けをすることを目的とした媚中派だったと見ていいかなと思うのですがどうでしょうか)(金印もらってるしなー)

 あと、皇室の関係者の描写がひどいというのもありましたが、あれはねえ——しょうがないんだと思いますよ。じっさいの歴史をみると、天皇といえども、こういっちゃなんだが、マトモではない、という人のオンパレードですから;;
 白河院についても崇徳上皇についても鳥羽院についても——残念に思う人はあるかもしれませんが、あのドラマはべつに、誇張して貶めていたわけではありません。

 ……中右記、今鏡、台記あたりを読んでみるといいですよ(腐女子は台記をちょっとチガウ目的で読むが/笑)。
 あのドラマにおける上皇さまがたの描写は、誇張でもなんでもないのがわかりますから;;

(私個人は、雄略天皇、白河院、後白河院、後醍醐天皇には、間違っても好意的ではないです。皇室だからいっさいの批判不可というのも、おかしな話だと思うので申しますが)

 そういう歴史を乗り越えていまの皇室がある、というだけのこと。
 歴史上の事実を述べただけで、現在の皇室が影響されることはない。

 うーむ。櫻井よしこさんなどがご心配しているのはこんなあたりなのかな。
 左巻きに脳味噌汚染されて、自虐行為にうっとりするような、ヘンタイ妄想患者も困りますが、さりとて、歴史は歴史に過ぎないものを、そこらへんをドライに見ることもできないほど、身びいきと自己愛で酔っぱらうというのも、人としてあやうい。

 現在の皇室を、その歴史をひっくるめて敬愛するのはけっこうなのですが、事実を冷静にみたり、理非の判断したりができない、などということは、ないようにお願いしたいところです。

 じっさい皇室の歴史というのも、やはり人間の関わることなので、きれいごとじゃありません。万世一系なんていうのも幻想に過ぎないことも、詳しく調べていればわかってくることですし。
 近親婚とまではいわずとも、近しい血族同士の結婚が続いてしまう影響もあってか(影響ゼロとは言えないでしょう)、まさにキ印としかいいようのない人々が現れてくるのも事実だし。

 そういう事実関係は、事実として眺める冷静さは欲しいところ。

 日本人にとっての天皇とは何かというのはじつに深遠なテーマですもんねえ。
 歴史であり、「祭祀」であり。(厳密な意味での宗教とは言い難いからこう言っておきます)
 権力はないのに絶対的な権威を持つ。——こういう形の「王権」というのは世界的にも珍しい。類型化はできない。

 それほどユニークな文化を持っているのだ、ということを確認していればいいだけのことだと思います。

 私個人は「王家(の犬)」というセリフにはひっかかりは感じませんでした。ただ、もしも本当に「日王」という言葉があったというのなら、そりゃあもう——「へーえ」とは、思いますけれども。

 でも、あのドラマの清盛さんはそういうわけですから、宋に媚を売るようなことはしない人だったですよ。
 それでいいんじゃないでしょうかね。と思っております。

 
関連記事
ぱしふぃっくびいなす(2)
2012年12月25日 (火) | 編集 |
 やはり私にとってのクリスマスというとまっさきに思い出すのは、ディケンズの「クリスマスキャロル」。

クリスマス・キャロル (新潮文庫)クリスマス・キャロル (新潮文庫)
(2011/12)
ディケンズ

商品詳細を見る


 なんで好きなのかなと思ってきたんですが、あれですわ——「ゆく年来る年」。


 紅白歌合戦の興奮、一年シメの盛り上がり、人々の歓声。
 それが一転。
 しん、とした、雪のなかに人の声も興奮の熱も、すべて吸い込まれてしまったかのような静寂。
 冷えきった冬の真夜中。
 静かに響いていく鐘の音。

 ——という、動から静へ、いきなり切り替わる、あの瞬間がたまらなく好きなんですが、「クリスマスキャロル」もまた、クリスマスイブのすったもんだが、静かな朝のなかへ吸い込まれる。
 あのメリハリが、好きみたい。

 パーティで騒ぐイブもようござんすが、静かな、厳かな朝、というのも、いいもんでございます。
 あたし仏教徒だからミサとは無関係なんだけど。(^^;)

 まあ、なんにしてもこのへんがイエス様の誕生日なんて話は信じちゃいない、ただ日本の「冬至祭り」だとちと地味なので——かぼちゃも柚子もいいもんですが——、それでクリスマスイブということに便乗しちゃう。
 保育園てほどでもないが、子どもを預かったりしている仏教のお寺さんが、子どもたちのために「クリスマス会」をやっちゃう。それが日本。
 この「好い加減」ぶり(笑) 個人的に大好きだ♡ 宗教戦争なんて馬鹿なことしているより、よほどクリスマスの精神なんじゃないですか。

 ということで。
「ぱしふぃっくびいなす」号でのクリスマスディナー。

 船の中には歴然たるヒエラルキーがある。
 ということで、客室10階の方々と、私どものディナーとでは会場が異なるのも興味深かったです。

 私ども、いわば「庶民」のほうは、7階にあるメインダイニングで。
 ドレスコードは「インフォーマル」。
 イブニングドレスなどではなく、ワンピースなどにアクセサリーで楽しむといったレベルですから、堅苦しくなりすぎず、といって、ディナーの華やかさはありということで、いちばん楽しみの範囲が広いところじゃないかと思います。

 ディナーは今回、2交代制でした。
 午後5時15分〜と、午後7時半〜の2回に分かれていました。
 どちらの回にいくかは、あらかじめ指定されていました。

 テーブルは6〜8人掛けで、基本、相席です。でもゆったりしているテーブルなので、隣りと近すぎて気を使うなんてことはなくてよかったです。

 今回はわたくし、気合いをいれておりました。なんといってもディナークルーズ。つまりは、酔っぱらってもOKなのだ! と。
 ふだんは、なにしろ、どこへ食事に行くにしろ、結局、車を運転していくので、アルコールは飲めません。お酒に執着するタイプではないから気にしてはいませんが、それでも、食事の内容によっては、お酒があればなお美味かろうと思うこともあるわけで。

 ということで、アペリティフはいただくぞと思っていたのですが、今回は、メニューの中に、ホットワインがありまして。
 小さいグラスに、ベリー系の甘い匂いが加わった、赤のホットワイン。
 おいしゅうございました。一気に体がぽかぽかに。

 そのあとは、スタッフの方おすすめの発泡ワイン(ベリーズ、といっていたような)をグラスでいただいてご機嫌でした。
 
 ディナーは、どれも美味しく、「箸休め」たるシャーベット(ソルベ)は、ブラックベリーかなにか、ああいう感じの酸味で、甘さは感じないけれどもすっきりして、本当においしかった。

 クリスマスをイメージしたデザートをいただき、コーヒーをいただき、すっかり満足して食堂をあとにしました。

 が。
 ひさしぶりのアルコールですっかりご機嫌になっていた私は、重要なことをこのとき忘れておりました。

 それに気がついたのは、真夜中。

 すっかりいい気分で、食後の「クリスマスショー」も見てご機嫌の極み。アルコールが効いているのはわかったので、念のためお風呂はやめて(なんせこの秋には不整脈を起こしたし;;)、身支度をして早々に寝てしまいました。

 午前2時か3時くらいでしたでしょう。
 草木も眠る丑三つ時。
 夢うつつに、ふわりと意識が眠りから現実へ戻ってきて、本当ならそのまま、またすうっと眠っていくはずだったのが。
 ぎょっとして、私は両目を見開きました。
 
 いきなり「そのこと」が、脳内で、ガンガンの大音量で響き渡りました。

 ——なんてこった。
 あたし。

「ワインのチェック、してない!!!」

 あやうく叫ぶところでした;;
 母が寝ているので声は出しませんでしたが。

 船内のお支払いは基本、部屋のキーを兼ねたカード(びいなすカードといっていたような)でチェックOK、つまり現金を持ち歩かなくてもいいわけです。
 が、それにしたって、チェックくらいは必要なんですよね。

 船内では、お茶類は無料ですが、アルコール類は有料。
 私が飲んだワインもまた、本当はチェックしてから出てこなければならなかった。
 ああ、それなのに。
 部屋番号さえ示さずに帰ってきちゃった。
 メインダイニングには誰にもチェックされないワインの伝票が残ってるんだ……と、思わずその光景をありありと思い浮かべてしまい。
 朝、起きたらすぐにフロント行ってこよう、と、情けない思いで目を閉じました。

 朝6時に起きると、身支度もそこそこ、5階のフロントに駆け込んで、かくかくしかじかで、すみませんチェックしないで出てきちゃいました。と申告。
 すぐに調べてくれましたが、やっぱり(当たり前ですが)グラスワインの分、部屋にはついていませんでした。

 臨時でフロントにて伝票にサインをしてきました;;

 船内では、乗船中は現金いらず。カードを示してチェックするだけ。まあ、いってみれば「つけ」ですね。
 お支払いは下船前にすませるか、あるいは、クレジットカードを登録しておけばそのまま支払いを済ませられます。
 私は今回は、旅行会社から特典として割引券をもらっていました。その割引券をグラスワインの支払いに充ててもまだ金額は余るというところだったので、結局、ワインのぶんはお支払いなし。

 あやうく、せっかくのディナークルーズで、部分的にとはいえ食い逃げするところでした。やれやれ;;
 であるにも関わらず、フロントの方にもそうだったし、朝食へいったら(夕食と同じくメインダイニングなので)マネージャーらしきスタッフの方にもかえってお礼をいわれたりして、まことに恐縮なことでした。


 船内ではつねにどこかで何か、イベントがあるので、遊ぶ気になればかなり楽しめるようになっていました。
 私は今回はショーを見ただけで、あとは寝てしまいましたが;;
 休養するつもりだったので、それはそれでOKかな。(^^;)

 とはいえ、午後9時に寝て午前6時に起床。じつに9時間の睡眠時間。寝だめはできないと言われますが、疲れを解消しようとして長時間、がーっと寝てしまうというのはあるようです。

「ぱしふぃっくびいなす」の、寝るときの環境につきましては。
 揺れはほとんど感じませんが、やはりエンジン音の、音というか振動というかそういうものは「つねに」聞こえますね。
 これはフロアが最上階でもあんまり変わらないんじゃないかと思いました。音というより、振動、という感じなので。

 そのへん予想して、耳栓を持っていったのですが、……耳栓がちょっとヘタっていたせいもあるかと思いますが、やはり音は、けっこう聞こえましたね。



 しかし、午前零時すぎになると、船はきわめて静かになりました。
 停泊はしないのでしょうが、それに近いくらい、速度を落とすか、エンジンがきわめて低出力状態になるか、してたんじゃないかなあ。
 人々が熟睡すべき時間帯には静かになるのですね。
 なるほど気を使うんだなあ、と感心しながら眠ってました。

 朝食は、和食は定食形式、洋食はバイキング。(あれをなぜバイキングというのか…)
 オムレツはコックさんが目の前で焼いてくれます。素晴らしいお手並みで、思わず自分の分を焼いてもらうときには、ぼーっと見とれてました。
 オムレツの中身はいろいろ選べました。バター、炒めたタマネギ、マッシュルーム、ベーコンもあったかな。そのへんからお好みで。

 朝食後はのんびり、入港するまで、オープンバーでお茶を飲んだり、図書室で雑誌を読んで過ごしてました。

 東京港へ戻ると、東京消防庁による、消防艇の「歓迎の放水」がありました。写真撮影は、間に合いませんでした(涙)
 いえ、みんながカメラを持っているので、場所取りがけっこう激しい攻防になりまして;; もとから戦意があるほうではない私は、はやばやと撤退してしまうのです。
 
 ああいうすてきなところにいってまで、バーゲンセール時のおばさんたちみたいなことは、そりゃ、したくないですもの。(^^;)
 自分の目で見られれば充分ですし。

 入港した船は無事に接岸。いよいよ船ともお別れ。
 下船となるわけですが——これまた、10階のお客様から、順番です。……ヒエラルキーです(笑)

 とはいえ、船内放送では、「10階のお客様、お急ぎのお客様は…」といって案内していたんですよね。
 なにか事情があって、1分でもはやく下船しなければならないような人は、あらかじめお願いしておけば、先に下船させてくれるのかも。

 帰りは、晴海の客船ターミナルから、東京駅八重洲口までシャトルバスがあるというので、それを利用させてもらいました。
 1拍2日のクルーズでしたが、楽しかったです。
 
関連記事
しずのおだまき
2012年12月24日 (月) | 編集 |
 ぱしふぃっくびいなす号のお話をと思いましたが、昨日は大河ドラマ「平清盛」最終回でございましたので、そちらのお話を。

 どうするのかなあと思っていたんですが、やはりやっちゃいましたか、壇ノ浦……。
 あれはいけません。
 平家物語でも源平盛衰記でも、ここの場面は共通で、私をどこへ連れて行くのか、という幼い安徳帝に、二位の尼こと、時子さんが「海の底(水の底)にも都がございます」と告げるというのは。

 いままでも物語として「読んで」はきましたが、考えてみるとこの場面を、じっさいの人物が演じるのを見るのは初めてだったりして(……なんでだろう…; それなりにこれまでもドラマにもなっていると思うのに)、うわあやっぱりたまらないな、と思わず涙、涙でございました。

 可愛い盛りの孫を、自分で抱きかかえて海へ飛び込むわけですよ。それはもう、どんな思いがするものだったか。
 また、幼いとはいえ、子どもにだって尋常ではない状況も、自分が殺されるということも、たとえおぼろげにでもわかっていたはずで、そう思うと。ねえ。

 あんましこのへんは見たくなかったなーと思いながらの昨日でした。

 とうの清盛さんはというと、あれ、やるのかなーと思っていたら本当にやった。「水をかけてもたちまち蒸発するほどの高熱」。
 いかに高熱を発しても、じっさいの人間の体から水が一瞬で蒸発するとか、水に全身をつけると水が湯になるとか、現実には考えられないことなのを、ドラマでやるのかなと思っていたら本当にやったので、なんだか、そのへんが……感心したというかなんというか。(^^;)

 西行法師が思いも掛けぬ大活躍でした。
 清盛さんは高熱にうなされる肉体を離れて生き霊となって西行法師のところに現れる。
 ドッペルゲンガー、自己像幻視(オートスコピーAutoscopy は医学用語)てヤツですかね。自己像幻視は自分で自分の姿を見ちゃったりするらしいですが。

 まだこの世での未練をいう清盛さんに、西行さんがはっきりと諭すあたりは、
「なるほど、これが本当の『引導を渡す』ってやつだなー」
 と思いました。
 ようは、あなたはもう死んだのだから、行くべきところへ行きなさいよという諭しですね。

 いちおう葬式のなかでそういうこともしているはずなんですが……、今日日、現代人は死というものへの覚悟がうすいうえ、我が強くなっているせいか、引導を渡されても、ああそうなのかとは言わない人も多いようで。
(葬式のあと、知人の前に現れて、たとえ坊主が引導を渡しても、俺は死んでないんだと言い張った人がいるのです……)

 そこを思うと(このドラマでの)清盛さんは潔くてよかったと思います。
 
 ただ、あの一族の末路をどう見たのかということは、思ってしまいますけれどもねえ…。
 平家物語では、とにかく清盛の悪行のせいで、幼い孫までもがこんなめにあうのだ、という主張をして、物語を閉じるのですが、あれは、かえって無情に思えますね。

 インターネットでもそんな感想をみかけました。
「親の因果が子に報う」。そんなことはある意味いわずもがなのことなんで、……たとえ清盛さんやその一族の悪行の、これが「当然の報い」なのだとしても、これほど悲惨な目にあう人々に向かって、そういうことを言うか?! という反発でした。

 それはわかるなあ。ていうか、同感ですわ私も。
 安徳帝については特にその思いが強いです。

 平家物語では、建礼門院は、壇ノ浦の戦のあと、入水はしたものの助け上げられてしまい、京へ送られていく途中、ある夢を見た、という。
 ——海の底の、竜宮城のようなところで、母である二位の尼、息子である安徳帝など、一族の人々がそろって幸せそうにしている夢を見た、と。
 本当にそうだといいな、と個人的には思っております。

 因果の報いなら、ああいう形での死、ということで、報いは受け終わっているのですから。

 番組最後のおまけコーナーでは、赤間神社の先帝祭のようすもちらりと映りました。ほんと、他のことはともかく、安徳帝のことだけは、人々の胸に痛ましい思いを呼び起こすものがありますよね。

 戦のあと、安徳帝のご遺体も引き上げられて、祭られたという説明を聞いて、あ、そうなのか、と。
 じつは、義経さん同様、「安徳帝はじつは生きていた」という伝説がある、と聞いたことがありまして。
 四国だったか九州だったか、それはたしかにとんでもない山奥、およそ人が村落を作るとは思えないような場所で、でもそこに行宮(あんぐう)があって、安徳帝は生き延びていらしたが、21歳で崩御なさったという伝説。

 21歳で、というところにみょーなリアリティを感じておりました。(^^;)

 なんにしてもこの「伝説」も、安徳帝を痛ましく思う、人々の心ですよね。

 しこうして、源氏のほうも結局は、頼朝さんから3代とつづかないで終わる(将軍職としては3代目でも、実朝は孫ではなくて息子なので、世代で言うなら2代め)。
 こちらもなかなか、空しいことでございます。

 といったところで「平清盛」。
 視聴率は厳しいとのことでしたが、私は面白かったですよ。出演の俳優さんがたはそれぞれに味わいのある、エッジの効いた感じで、じつのところ、それぞれの登場人物の動向を追いかけているだけでも楽しかったです。
 
 登場人物はぞろぞろと大勢さんですが、それぞれがそれぞれの、ドラマを背負っているわけですね。清盛さん一人ではないあたりも、「一蓮托生」の平家らしくて、よかったと思います。
(平家は身内同士は仲が良い。源氏は身内で殺しあってばかりいる)

 清盛さんはやはり悪役イメージがどうしてもつきまといますから、彼を「快男児」にしたいというのはドラマ作りの上で無理もあったかとは思いますが、西行さんが言っていたとおり、その命を燃やし尽くしたという意味においては、みごたえのある人だったと思いますね。

 清盛さんは海が好きだっただろうか、とふと思いました。

 政治上のこと、その財産のことを思えば海と関係が深いというのは当たり前なんでしょうが、こうしてみると、海のイメージが強く結びついている人だなと思いました。

 平家物語、とくに「灌頂巻」は説教クサいところが難点。そういうことはうだうだいわず、ただ、人の世というものを静かに思う、それでいいのではないかと思いました。


 ——いざさらば なみだくらべん時鳥(ほととぎす)
  われもうき世に ねをのみぞ鳴く
  (建礼門院)

 ——しずやしず しずのおだまき くりかえし
  昔をいまに なすよしもがな
  (静御前)

 
関連記事
ぱしふぃっくびいなす(1)
2012年12月23日 (日) | 編集 |
 そういえば世界滅亡と騒がれた2012年12月21日でしたが、なんのこともございませんでした。
 これに関わる各種言説もしくはジョークで私が一番気に入ったのは、

「2012年てのは西暦のことじゃない、平成2012年12月21日だ」

 ………陛下をどういう存在にする気なんだろうか。(^^;)

 なんにしても本日は天皇誕生日。
 陛下のいっそうのご健勝をお祈り申し上げます。

    ●

 ということで、じつは、金曜日夕方〜土曜日午前、「ぱしふぃっくびいなす」で、クリスマスディナークルーズというものへ、参加しておりました。

ぱしふぃっくびいなす
http://cruise.toptour.jp/

 いちど船旅というものがしてみたいと思っていたんですが、なにしろ先立つものが。(^^;)
 なんてことを嘆いていたところ、このクリスマスクルーズのご案内が目に入って参りまして。
 このクルーズは1泊2日、東京湾から相模湾方面へ出てぐるっとまわって帰ってくるというもの。
 また、寒い時期のせいもあってか、かなり(船旅としては)お手頃価格。

 私のほうはと申せば、この年末はコミケへいかないことになったので(涙)、せっかくちまちま貯めていた小金が宙に浮いた形になっておりました。
 このまま貯金を続けてもいいんだけれど、こういうクルーズのご案内が目にとまったのも何かのご縁、ということで、私としてはかなり思い切って、参加してみました。

 木曜日から金曜日の午前、必死の思いで用件あれこれを片づけていたのはこのためでございます。(^^ゞ

 お天気としてはイマイチでしたが、出港のときの東京湾の黄昏はなかなかのものでした。

tokyo-bay.jpg

 出港時には日本大学の学生さんの、ブラスバンド演奏によるお見送りをうけ、東京港を出発。
(寒い中、すてきな演奏をありがとうございましたv)
 デッキから見送ってくださる方々に手を振り、ふるまわれる発泡性ワインやソフトドリンクをいただいてみたり。

 ただ。
 デッキはかなり寒かったです。当たり前なんですが。
 船内はとにかく快適に暖かいので、うっかりしますね;;

 風がなかったのは幸いでした。冷たい風が吹きすさんでいたらとてもデッキには出られなかったでしょうが、ほぼ無風状態だったので助かりました。

 黄昏ゆく東京港の空。午後4時半には東京タワーが点灯してきれいでした。
 レインボーブリッジの真下を通過したときは「レインボーブリッジを真下から見た♪」とひとりで喜んでおりました。
 ああいうアングルはなかなか見られませんもんね。

 船内はとにかくクリスマスの飾り付けでいっぱい。雰囲気だけでも楽しい。

venus-10.jpg

 今回私が泊まったのは、「ステートG」というクラス。この下のクラスになると窓が丸窓になるということでした。GとHの違いはその程度かな。(^^;)
 部屋はエキストラベッドをいれて3人まで、というところ。
 ふたりで泊まるんならまあまあの広さですが、あれで3人だとちょっときついな;;

venus-1.jpg

 ブレブレ写真ですみません;; ベッドはこんな感じ。マットレスは低反発素材みたいで、寝心地よかったですよ〜。(^-^)

 部屋にお風呂はなし。洗面台、トイレ、シャワーブース。私は今回はいきませんでしたが、お風呂なら、大浴場があるそうです。(今回はちょっと酔っぱらったのでお風呂はやめておきました;;)

venus-2.jpg

venus-4.jpg

venus-5.jpg
 
 ソファですが、これがエキストラベッドになるようです。ベッドとしてはどうかわかりませんが、ソファとしては座り心地はいいですよv

venus-3.jpg

 迂闊だったのはテレビ。
 日本近海なのでBS放送は入るのですが、地上波の放送がはいらない。ということで、全日本フィギュア、超・注目の男子シングル(ショートプログラム)、見られませんでした。
 テレビで見られるつもりでいたので録画予約もしてこなかった……私、うっかり過ぎ。(;_;)

 しかしまあかようなわけで、なるほど、船にいるときは客室にいてもしょーがないなと思いました。
 客室にいるよりも、やはり、船内のどこかで過ごすほうが快適でしょう。人が起きて活動している時間帯なら、どこかで必ずなにがしかのイベントがあるので、退屈はしませんでしょう。

 写真には撮りませんでしたが、ステートGのある6階には、図書室がありまして(Writing Roomというらしい)ここは本当にゆっくり、くつろいで、読書なり、書き物なりができる内装でよかったです。
 本棚にあるのは基本的に小説でしたが、どなたが選ぶのか、なかなか趣味がいいなあと思って眺めていました。

 同じ階には囲碁室(というのかな)、インターネットができるコーナーもありました。

 便利だと思ったのは、フロントのある5階から、メインダイニングのある7階までが吹き抜け状態で、らせん階段でつながっていること。

venus-8.jpg

 客室が6階、食事や、お茶ができる7階、フロントがある5階がひとつづきになっているので移動が気楽にできます。
 
 写真は、5階フロント前の飾り付け。こんな飾り付けが船内いたるところにほどこされていまして、雰囲気がもりあがります。

venus-10.jpg

 なるほど船だなあ、と意味不明の感心をしたのは、エマージェンシーについて。
 部屋に人数分の救命胴衣、非常時の避難路の確認、さらに。
 どの救命艇に乗り込むかも、決まっていたので確認。

 客室にもありますし、乗船時に使うチケットにも、何番の救命艇に乗り込むか、というのが指定されていました。

 思わず映画「タイタニック」を思い出してしまい、救命艇の番号はきっちり頭に叩き込んでおきました。(^^;)
 豪華客船だろうが釣り船だろうが、海の上に出れば「板子(いたご)一枚下は地獄」であることには変わりない。
 いちおうこれでも漁師の孫ですのでそのへんは——それなりに頭の中に叩き込まれているようです。

 ともあれ、いざというときの対応を頭にいれたら、あとはゆっくり楽しむことに。

 写真は7階のオープンバー。席数もかなりありますし、ここの窓は客室の窓よりも大きいので景色もよく見えます。

venus-7.jpg

venus-6.jpg

 同じ階にメインダイニング、ダンスホール、売店もあって、ここに人が集まってくる感じですね。

 ちなみにオープンバーではお茶類は無料。コーヒー、紅茶、オレンジジュースなど。
 アルコールなど、有料となるお飲物もあります。
 朝は6時からオープンし、「アーリーモーニングティ」とのことで、朝食(午前7時〜9時)まえ、早起きしてお腹が空いている人のために、お茶とマフィンが用意されるそうです。
 私は今回は………早起きはしたものの、それどころじゃなかったので行きませんでしたが。(^^;)

 お茶の他にちょっとしたお菓子みたいなものは用意されていて、あれも無料だったのかなあ。私はいただきませんでしたが;;

 なんだか長くなってしまったので、つづきはまた明日。

 
関連記事
クリスマス休暇
2012年12月22日 (土) | 編集 |

忙しいとか言っておいてふざけんなと言われそうですが実はただいま、
船のうえです。

ということで今日はまたおやすみです、申し訳ありません。m(_ _)m

詳細はまた明日にでも。

せっかくのクルーズでしたが、今朝はあいにくの雨。
窓から見える浦賀水道は灰色にけぶっております……。

 
関連記事
連日…
2012年12月21日 (金) | 編集 |
2日続けてお休みです、すみません;;

今日は体調ではなくて、たんに年末末ジュールであたふたしているだけです。(^^;)
あたふたしない大人になりたいもんです…。

年末のここで連休はちょっときついよねというのはいいわけにはなりませんよねやはり;;

ところで本日は冬至ですね。一陽来復、毎年なんだか、ここでちょっとホッとした気持ちになります。
冬はこれから本番だし……面白いことに、日の出の時間は、この冬至を過ぎてもしばらくのあいだは、なお、遅くなっていくんですよね。
ようやく、朝夕ともに日脚が伸び始めるのは、1月下旬ころになってからなんですけども、それでも、なんとなく、冬至を過ぎるとホッとします。

あ、そういえば今日は世界の終わりの日といわれているわけですが、どうですかね、調子は。

年末進行で忙しいときにつまらんこというな、と、軽くキレそうになっていた昨日。(^^;)
大人はいけませんね、ロマンを忘れがちで(笑)

 
関連記事
本日おやすみ
2012年12月20日 (木) | 編集 |
 本日はだらしなく、「寒さ負け」ということでおやすみいたします。
 例によって胃がストライキです。(^^;)

 うーん、通常この症状は2月ごろになって出るものなんですが、今年はもう、年内で出ましたか。
 
      ●

 昨日はまあ、ほんとにテレビ局は馬鹿そのものでした。(のっけから;;)

 お隣さんの大統領選挙報道は、まるで自国の選挙報道のようでしたね。
 NHKもBS1で「いったいどこの国の放送局なんだ」といいたいくらいの、熱心な報道ぶりでした。
 いままでもいろいろあったけど、それでも踏みとどまっていたのに、今回ばかりは、本気で、受信料払うのやめたいなーと思いました。

 ……ふざけんのもいいかげんにしろよ(←超低音)

 あちらさまの国内においてはどうかわかりませんが、少なくとも日本にとっては、韓国の大統領が誰であろうと同じことですからねえ。なんなんですか、あの報道。

 私は政治に関しては「誰がなっても同じ」などとは言いませんが、外国のエライさんが、日本にとってどうか、ということはまた別のこと。
 しかも韓国だけは本気で、誰がなっても同じなんだものなー。政権当初は猫なで声ですりより、金を搾り取るが、政権末期になると支持率を維持するために反日で世論を盛り上げる。

 このパターンをもう何度繰り返しましたか。
 
 誰がなっても同じであるものを、あんなにばか騒ぎして報道する意味がわからない。
 
 とはいえ、さすが、そこは日本のマスコミ。
 大騒ぎはしているけれども、それはまさしく「騒いでいるだけ」で、内情を深く読み込んだ解説はなかったってところが、「いかにも」でした。
 どうしてこう、実(じつ)がないんでしょうかね、マスコミてのは。
 
関連記事
復活の日
2012年12月19日 (水) | 編集 |
 人類滅亡の日、ということで、また一部、盛り上がっているところがあるそうで。
 私なんぞは、物質至上主義、科学教信者の方々から見れば、迷信深い馬鹿ということになるのですが(死後の世界も輪廻転生も、信じているというよりはそれが前提になってますからねえ…)、しかし、そういう人間でもこれは信じてないです。(^^;)

「12月21日人類滅亡」はデタラメ 米政府が公式サイトで否定
2012/12/15 17:00 J-CASTニュース

 カレンダーはカレンダーでしょうよ。そのカレンダーは5、6千年分あったというのはすごいことだと思いますが、5、6千年分あれば、まあ充分だろうとその当時の人は思ってたんじゃないんですかね。

 そもそも、富士山が噴火するだの地震が起きるだの、そんなことを具体的な日時指定で予見できるほど、人類は賢くはないでしょうよ。1週間先どころか明日の天気予報もはずれるんだぞ人間の知の所産なんてのは。

 噴火も地震もいつかは起きるでしょうが、逆に言うと起きるときには起きるんで、そんなことでわあわあ騒いだってしょーがないでしょうが。

 どうもこういうの、昔からわからないんですよね私。

 で、こういうことで本当にこの世が終わるくらいに怯えて騒いでいる人をみて、つい言ってしまうのは、
「あんたが自殺願望を持っているのは勝手だが、いちいちそれに他人を巻き込むな」
 ということ。

 滅亡する、滅亡するといって騒いでいる人をじっと見ていると、結局、なんだか楽しそうだね、ということに気がつく。
 基本、自分がなにかを終わらせたいというような、願望もしくは衝動があるが、自分が実行するほどの度胸はない。ゆえに、天災という形でそれが実現してくれれば——おまけに人類滅亡ということで、「みんなといっしょ」だったらなお嬉しい。
 そういう気持ちでいるように見えます。

 迷惑なことですな。(--;)

 人類が滅びることがないとはいわないが、そんなもんを具体的に予測できるほど人間は賢くはない。いかに古代文明がすぐれていたとしても、やはりそれは人間の所産である以上、さすがにそこまでは無理。

 どうしてこう、なにをするにも「みんなといっしょ」を望む人がいるんですかねえ。
 
 一神教のほうではハルマゲドンという「信仰」がございますね。人類が滅亡すると、「最後の審判」によってこの地上には「よき人々」のみが生き返り、この世はこの世ながらに天国となるという。

 どのみち太陽の寿命でふっとぶ惑星上に「永遠の命」の天国なんぞができるわけはないので——仏教のお経では、宇宙の死のあとの、無間地獄を説いたものがあるぞよ——、この話を聞いたときは笑っちゃうしかなかったんですが、ただ、「これは笑えない」と思ったのは。

 人類滅亡後に、地上に天国が誕生するなら、滅亡を待ってないで、さっさと人類を皆殺しにしちゃえばいいんじゃない?

 恐ろしいことだとお思いでしょうが、自殺願望を持っている人間は、これくらいのことはさっと考えちゃうものなんでございます。
 自分に希望がなく、この世に対して希望がなく、ただ絶望と嫌悪感だけを味わっている人間が、「人類滅亡後にはよき人々は救われ、地上は楽園となる」なんていわれて、それを信じてしまうと、あらだったら手っ取り早くみんな滅んじゃえばいいんじゃない、そうすれば1日でもはやく楽園になるんだもの、くらいのことは思いますね。断言しますが。

 ということで、あいかわらず一神教のいうことは、荒唐無稽じゃあるんだが、基本的にアブネーなーと思っていたんですけども。

パイナップル ARMY 」という漫画に、まさしく、人類滅亡を目的とするテロ組織が出てくる。なんで人類滅亡を目的とするかというと、滅ぶべきは滅ぼしちゃって、早いところ天国にしようぜ、というのですね。

パイナップルARMY (Operation 1) (小学館文庫)パイナップルARMY (Operation 1) (小学館文庫)
(1995/11)
工藤 かずや、浦沢 直樹 他

商品詳細を見る


 これは必ずしもフィクションではなく、こういうことを本気で考えている団体というのは、マジで世界には存在しているそうです。

 そういう話を聞いたとき「やっぱりなー」と思いました。
 そりゃあんな話を聞いたら、それ、考えちゃうよね。と。
 
 私はそもそも一神教を信じる義理はないので、「またまた(笑)」というリアクションしかないですが、熱心な信者さんほど、それを本気にする危険性はある。

 でも、人間てのはやっぱり図々しいんだろうなと思うのは、——最後の審判で、テロリスト、大量殺戮者が、「よき人」として認定されると思ってるんだろうか。

 そのへんを問いただすと、神様のために殺すのは「正しい」ことだから、自分は天国にいけるのだ、とか、いいそうだなあ。
 じっさい、神を名をかたるテロリストの論理というのは、そういうものですしね。

 私から見ると、自己欺瞞としてもアホらしい、のひとことです。

 いずれ。
 世の中にはそういうへんな願望を持っている人がいるわけですが、やっかいなのは、自分でそういう自分に自覚がなく、ただ、自分は「正しい」信仰者として「正しい」ことを思い、考えているだけだと思い込んじゃっている人もいる、ということでしょうね。

 そういう願望を潜在的に持っている人は「人類滅亡」なんて聞くと、もう、血湧き肉躍る心地になるんでしょう。
 それで、なんだか嬉しそうに騒いでるんだな、と、——私はそのように見ております。

 まあ、ほっといたって人間いつかは必ず死ぬんだから、そうせっかちになることもあるまい。落ち着いてお茶でも飲みなさいよ、と。
 そういってあげたいところです。
 
関連記事