2008年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2008.01.31 (Thu)

睦月、如月

 拍手くださいました方、ありがとうございました。m(_ _)m
 そんなわけで…かたじけなくもご要望をいただきましたので、うちのサイト、2008年いっぱい、ということに致しました。
 小説部屋のコンプリートはどんなに遅くても3月中には完了すると思いますので、そこから12月までサイトは残しておきますね。
 ありがとうございました。(^^)

     ●

 今日で1月も終わりですねえ…。
 いつもだったら「一ヶ月なんてあっという間」というところですが、今月は…やけに長い気がする。「まだ1月が終わらないのか」という感じ。
 明日で「やっと」2月か~、という気持ちです。はい。
 1月はけっこう忙しかったんですよね、やっぱり。

     ●

 中島梓御大のごようすを伺って、そんな大変なことになっていたとは…と思いました。
 mixiのほうで御大のご主人が情報発信なさっているようなこともちらと聞いた覚えがあるようなないような(……あいかわらずの私の頭…)、といったところですが、ひとまずは、御大、ご本人からの消息があったとのことで、拝見してまいりました。
  ↓↓↓
http://homepage2.nifty.com/kaguraclub/
 
 手術が無事、済んだというのはほっとしましたが、最初に聞いた状態よりもたいへんなことになっていたようで。
 あらためて、御大のご快復をお祈りする次第です。

 体のためにはとにかく温めることが大事。冷えは万病のもとってほんとなんですよね。鬱病さえ、冷え(というか低体温)と関係があるというのですから。
 あたたかい、というのは、生命力そのものなんだなあ、と思ったり。

 ということで……、ほんとに、今年は春が待ち遠しいです。
関連記事
10:43  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

拍手&コメント御礼

 拍手くださいました方、ありがとうございました。(^^)
 コメント下さいました方、ありがとうございますv 「続きを読む」からどうぞv

 メール下さいました方、ありがとうございます!
 返信急ぎますので、もう少々お待ち下さいませ。m(_ _)m
関連記事
11:02  |  拍手/コメントお返事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

ゆず茶

 S原様のところの日記を拝見し、「ゆず茶か~」と。
 以前、ゆず茶をいただいたのですが(ありがとうございましたv)、あれ、本当にあたたまりますよねv ジャムみたいなもんでパンやクラッカーにつけても美味しいですし。

 私も手作りでいってみようかな…と思ったんですが、近所のスーパーに買い出しにいったら、瓶詰めのものが売っていたので、つい買ってしまいました。(^^ゞ
 以前からあったのかな? あのスーパーでは初めて見た気がするんだけど。

 4~5倍にお湯で割って、とのことですが、そのへんはお好みで。
 ゆずの香りだけでも、なんかこう…ほっとしますよね。寒さがすんごいストレスになるタイプなのですが、そのへんな緊張がほっとほぐれる感じ。
 猫舌の私ですが、できるだけ、熱い状態で飲むと、本当にぽかぽかしてきます。
 蜂蜜入りだそうですが、蜂蜜自体も、体をあたためますよね。

 紅茶に、ママレードのかわりにいれても美味しいかも。
 今晩作ってみようv

 来週は、現在中国大陸にある超絶大寒波が日本にも襲来するそうですが……なんとか、ショウガ紅茶や、ゆず茶で乗り切りたいと思います……。
 
 それにしてもゆず茶っていい香り。アロマ効果もありそうですよね。(^^)
関連記事
11:01  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.29 (Tue)

拍手御礼

 拍手くださいました方、ありがとうございました。(^^)
 一言下さいました方、ありがとうございますv 「続きを読む」からどうぞv」
関連記事
10:52  |  拍手/コメントお返事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.29 (Tue)

へんな連想;

 また、阿呆なことを申しますが。
 大阪府知事選挙のようすを拝見していたわけですが、大阪府は事実上「破産に等しい」財政状況だそうで。
 それで、また、へんなことを思い出しましたのです。

 けっこう以前ですが、ぼ~っとテレビを見ておりましたら、風水の先生の「お宅拝見」みたいなことをしてまして、で、先生、鑑定を受けている人のお部屋を見るなり「お金が貯まらないはず」とずばっとおっしゃったんですよね。
 その部屋というのは、カーペット、カーテン、その他ファブリックが、とにかく、豹柄、チーター柄、揚げ句には虎の模様にスパンコール、みたいな……まあ……お世辞にもハイセンスとは言いがたいようすで。(どこで売ってるんですかねああいうの;;)

 なんでも、動物の柄というのは、風水的には「火」の気に属するが、その火の気が強すぎるため、金運をも「燃やしてしまう」んだそうで、それで、あんまり動物柄のものを愛用していると金運が下がってしまうとのこと。

 そんなことをふと思い出し――今回、当選なさったかたのお話をあらためて聞いて、私の頭の神経細胞が、またへんなふうにリンクしちゃったんです。

 (1)動物柄は金運を下げる。
 (2)豹柄、チーター柄などが大好きな人々というと、連想されるのが「大阪のおばちゃん」。大阪には、動物柄をこよなく愛する人が多い。
 (3)大阪府は財政難である。(つまりお金がない)

 うーん、我ながらすごい三段論法だ。
 …………私も本気で言ってるわけじゃないんです。(^^;)
 なんせ妄想するアタマですから、つい……。
 
 もちろん動物柄ファッションをやめるよりは、「入るをはかって出るを制す」ことが現実的対処だと思います。
 しかし、そんなことさえ、大変なんでしょうね;
 ……ただいま、私の脳裏を、上杉鷹山公のお話がよぎっております……。時代はかわっても構図は同じってあたりが泣けますわ。進歩がないよな~。

 静岡県もひとごとじゃないんですけどね;
 静岡空港なんて壮大な無駄遣いしてさ。
 空港の赤字は個人的に補填してくれるとでも言うんだろうか?

 知事をああやって選べるだけ、うらやましい気がします、静岡県民としては。
(いや、前回の選挙では静岡県民にも選ぶ機会はあったのですが、もののみごとに見落としたんですよね)
 うーん、ローカルな話題ですみません。(^^;)
関連記事
10:51  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.28 (Mon)

拍手御礼

 拍手下さいました方、ありがとうございます。(^^)
 一言くださいました方、ありがとうございました。「続きを読む」からどうぞv
関連記事
11:06  |  拍手/コメントお返事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.28 (Mon)

道楽

 小説部屋の再録もそろそろコンプリートが近づいてまいりました。
 かねてからお知らせしておりますとおり(って、もう2年たつぞ…;;)、こちらの再録が完成したら、…そうですねえ、3ヶ月後をめどに、サイトも終了したいと思います。

 同人活動そのものは、それで終了しますが、しかし、ミラージュの同人誌を買うほうはやめませんので;

 もとが「読み専」ですから、私自身としては、「もとにもどる」だけで、同人活動を止めることと、ファンをやめることはイコールではないんですよね。
 同人活動をなぜやめるか、というのは……どういえばいいんでしょうか…「やりたいことは、全部やらせてもらった」「ここまでだ」という感覚がきたので、それで。――といっても、ちょっとわかりにくい説明ですかね。(^^ゞ
 平知盛ほどじゃないんですけど。(^^;)

 それにしてもやはり、同人活動というのは、なにかと興味深いことが多くて、あれこれ考えながらやっておりまして、楽しかったです。

 たとえば――同人誌つくって売って、というのはたしかにそこに「商品」と「金銭の授受」という関係はあるのですが、でもだからって、これをビジネスだと考えたことはありません。
 つたないながらに作った本を買って下さる方は、同じジャンルを好きな、「同好の士」、つまりは「仲間」であると考えております。単なる「お客様」ではない、そういう認識。
 お手紙やメールをいただければすごく嬉しいし、それにちまちまお返事を書くのもまたすごく好きなんですけど、それはこのへんからきているようです。

 振り返れば、我ながらまことに、生来の頭の悪さと記憶力の薄弱さと思い込みの激しさを発揮して、ずいぶん失敗もして、馬鹿をさらしながら歩いていると思いますが、そういう自覚があるのでなおさら、この阿呆におつき合い下さる皆様には深く感謝しております。ほんとに。
 ――ありがとうございます。

 じっさい。
 自分はこれが好きだと思うことに、あらアタシもよ、と言ってくれる人がいる、というのはすごくラッキーで幸せなことだと思うんですよね。
 ……話せば長くなりますが、私、このへんについては、じ~つ~に、10代のころは孤独でございまして。(T_T)
 「私も」と言ってくれる人が身近にはいなかったという経験がけっこうあります。年をとるに従ってそういうことも減ってきたのですが、そういう体験が根っこにあるゆえに、ほんとに、身に沁みて「ありがたい」と思うのです。はい。

 同人活動とは何か、と言われるなら、私はそれは「道楽だ」と答えることにしています。趣味、ではない気がします。
 道楽。
 辞書には「趣味」とほぼ同意で載っているようですが、語感的に、道楽、と言った方が、熱中度の高さと、「他人から見れば馬鹿馬鹿しいんだろうけど、あたしゃこれが生き甲斐でね」というような(愛はあるけどちょっと居直った)ニュアンスがある気がして、好きな言葉です。

 道楽。
 もう現役リタイアしちゃった「横丁のご隠居」さんが、幇間(ほうかん/たいこもち/男芸者)や、丁稚さん相手にへんなことに勤しむ、あのマイペースっぷりがイメージされて、それが楽しいのかもしれません。(^^)
 落語に出てくる横丁のご隠居さんは、けっこういい加減なことを熊さん、はっつぁんに吹き込んでますが(『ちはやぶる』なんぞはひどいもんです…でも大笑い)、しかし可愛い嘘で、ああいうのにちょっと憧れがございます。
 「千早振る 神代もきかず 龍田川 からくれないに水くくるとは」――この歌は落語で覚えちゃったんですが、おかげで、この歌を見るたびに吹き出すようになったのは、ちょっと困った(笑)
関連記事
11:06  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.27 (Sun)

なかなか見られないドラマ;

 拍手下さいました方、ありがとうございます~。(^^)
 
     ●

 そういえば、先日、ドラマの方の「鹿男あをによし」を………、最後の5分くらい; 見ました;;
 どうもあの時間帯はうっかりしやすくて;

 で、あの鹿の渋い声ですが……ドラマのサイトをみてもキャストのところにお名前が見当たらないように思いますが……あのお声は大塚明夫さん? と思ったんですけど、どうでしょう。
 渋くていい声の鹿。(^^) うっかりすると鹿に惚れそう………ですが、雌鹿ですよね?(^^;)

 あ、そういえば、こちらもうっかりしがちだった「SP 」ですが、最終回とは思えぬ思い切った幕切れでびっくりでした。
 あれは………つまり、来る4/4(でしたっけ)の2時間スペシャルを見ろということでしょうか。

 それにしても、ドラマの時間を忘れずにすむ方法ってないものでしょうか;;
関連記事
11:36  |  身辺雑記2008  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

拍手&コメント御礼

 拍手下さいました方、いつもありがとうございます。m(_ _)m
 コメントくださいました方、ありがとうございます。「続きを読む」からどうぞv
関連記事
11:22  |  拍手/コメントお返事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

インビジブル Invisible

 今日も寒いですね~。もう誰かと顔をあわせたときの挨拶はおはようとかいうより「寒いですね~!」とすがるように叫びあってしまいます。
 葬儀の方は無事、すみました。いろいろ事情があって、たいへんなのはこれからかもな…という気配もありますが……。

「目に見えないものをいい加減にしてると、そのうち、目に見えるものまでダメになるよ」
 と、母は忠告していたそうですが……。
 なかなかいいことを言いますね、母上。
 ひとがせっかく忠告していたのに、まさに馬の耳に念仏だったようです。残念ですが。………目に見えないものを大事にしないのは、昨日、今日の話じゃないしね……。

 そういえば、また「スピリチュアル」詐欺のお話が新聞に載っておりました。
 ちょっとただいま、虫の居所が悪いし、寒いので鬱っぽいし、気分が沈むとみょーに攻撃的になるというたいへんハタ迷惑な性格をしているので、つい、イライラしてしまいました。

「オーラの泉」も番組の最後に、番組のビデオの販売とか、それに関係する商品を売り付けるようなことはいっさい許可していない、と出るのに、それでも引っ掛かったやつがおるんか! と。
 江原さんのお話の核心は、オーラとか前世とかじゃなくて、生きていくうえでの心構えや、「自分と向き合う」ことや、感謝することの意味、といったことが主眼です。
 なんで、そういう本論をはずして、そんなくだらない、どうでもいいことにばかり目を向けてしまうのか。

 一方では、「科学教信者」と私が(揶揄して)呼ぶ、なにかっつーと科学的、科学的、といい、目に見えないものを「存在しない」と切り捨て、ああいう、精神的なものの話となると、必要以上に軽蔑してみせたり、低く唸る犬みたいに警戒してきたり、「なんでそんなにムキになるんだ」と呆れるほど「科学的」に攻撃してくる、「非物質にアレルギー」がある人、というのもいらっしゃいますが。

 私にはそのどちらも、同じ人々に見えます。表現方法が右と左ほどに違うだけで、根は同じ。
 目に見えないものを「いい加減に扱う」、という意味では、ああいう詐欺に簡単にひっかかる人も(もちろん、なかには、本当に藁にもすがりたいというお気の毒な状況で、という方もいらっしゃいます。そこは私も承知していて、だからなおさら、詐欺泥棒には頭にくるのですが)、そういうものを必死になって否定する人も、同じに見えます。

 我々は自分たち人類をなんと呼んでいるか。「万物の霊長」ですよ。霊長。霊とはスピリット、精神です。そんなに大袈裟に考えなきゃいけないようなことですかね、「霊」って。自分だって精神をもって生きているのに。
 人が非常に複雑な精神活動をしていることはすでに「科学的に」証明されている。そういう「目には見えない」ものが、じつは、私ら人間の生というものには非常に大きな部分を占めているのに、なぜ、それをこれほど杜撰に扱うのか、たまに私は本気で頭に血をのぼらせております。

 自分や、誰かの、「目に見えないもの」を真面目に、ちゃんと考えて取扱ってほしい、と思います。
 スピリチュアルなもの、というのは、自分自身のことだと考えればいい。神秘的な何か、スーパーパワー的ななにか、なわけ、ないですよ。自分はどういう存在かを考えればわかりますよね。
 スピリチュアルななにかに振り回される必要はない。また、それをまるごと否定したら、自分の大部分を切り捨てることになって、それも健全とも私には思えない。

 どーしてこう、世の中って極端と極端しかないんだ! …と、寒くて気が立っているので、つい、ぐちぐち言ってしまいました。(^^;)
 すみません;;
 
関連記事
11:21  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

寒さのせい?

 拍手下さいました方、ありがとうございました。m(_ _)m
 
 本日、週末ではございますが…日記を書いていられない状況になってしまいました;
 うちの遠縁ですが、お葬式が出てしまいまして;
 
 どうも今年の正月は、なぜか細かい「事件」がつづき、どうしても落ち着けないですね~。
 それもこれも、この寒さのせいのような気がする。というのは八つ当たり気味かもしれませんが、とにかく体調を崩す人や猫が多くて、それで通常の正月の用事のうえに用事が増えているのは事実だ……。
 私も、寝込まないというだけで体調はよいとはいえませんが…まあ、寝込まないだけありがたいことです。はい。

 そんなわけでメールの返信、遅れております~。すみません;;
 明日は(いちおう)休みの日になるので、明日、明後日にはなんとか;
 メールくださいました方、ありがとうございます! 申し訳ございませんが、もうちょっと、見逃してやってください;

 ……どうもここんとこ、こんなことばかり言っている気がします…。
 早く春にならないかなあ…。(←やっぱり八つ当たり?)
関連記事
10:42  |  身辺雑記2008  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.24 (Thu)

我らが祖先

 拍手下さいました方、ありがとうございます~。m(_ _)m

      ●

 寒いですねえ…。
「暑さ寒さにゃ三日で飽きる」私ですが(本当に、季節感としては3日あれば充分です;)、もううんざりしてます。
 寒い寒いと言いつつ雪はまだ降っていない地方のやつが何を言うかと言われそうです……すみません;
 でも、うちのほう(静岡)は案外、こういう寒中より、そろそろ春が…なんていう2月下旬から3月のほうが、意外に降ったりするんですよね。なぜだろう。初雪が名残り雪。

 ともあれ、摂氏10度が「活動限界」で、5℃以下になると「無気力な炬燵亀」になる私としては、こんな天候が続きますと、実に、あほ~な愚痴が出てきます。
「どうして人類の祖先は猿で、熊や亀じゃないんだろう~」

 なんだそりゃ。と言われることが多いのですが……よーするに「冬眠したい」ということです。
 猿は冬眠しませんもんね。もし人類の祖先が熊あたりだったら、秋にたっぷり食って太って、冬は穴の中でぬくぬくして過ごせるのに! ………という意味です。
 本気で言っているあたりが、自分でも怖い気がしますたまに。(^^;)

 冬眠しちゃうとウィンタースポーツが楽しめないではないかという反論もあろうかと思いますが、ウィンタースポーツには興味ないんで……。
 スキューバダイビングのライセンスは持ってますが(国際ライセンス♪)、スキーやスケートなどにはてんで興味なし。
 ひと冬を寝て過ごしても何ら痛痒を感じないだろう、というより、積極的にそうしたい、などといってはスキー好きに憎まれる日々でございます。(^^;)
 ………いやはやもう…毎朝、布団から出るのがイヤで、「冬眠してえ~」と思っちゃうもんだから、つい。

 地球温暖化の悪影響を思えば、冬はちゃんと寒い方がよい、ということはわかるのですが(スキー場も、そうじゃないと困るわけだし)、……でも、やっぱりつらいです…。

 今日はそれでも、明るい日差しがあるのでいくらか、助かってますが、まったく昨日あたりは鬱々としちゃって、ちょっと大変でした。(←季節性鬱病の気配)

 こんなとき、南の島のようすをテレビでみると発狂しそうな気分になります。
 先日はタヒチをとりあげていましたが;
 うらやましすぎてテレビの前で悶絶。

――D'ou venons nous? Que sommes-nous? Ou allons-nous?
われわれはどこから来たのか? われわれは何者か? われわれはどこへ行くのか?

 ………どこでもいい、あったかいところに行きたい…。(しっかりしろ;)
関連記事
10:54  |  身辺雑記2008  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.23 (Wed)

「Project Blue 地球SOS」

 拍手下さいました方、ありがとうございました。(^^)

      ●

 NHKの土曜の朝、「衛星アニメ劇場」の、「マスターキートン」の後番組。
 原作と言うか、原案と言うか、は。小松崎茂さんの、「絵物語」だそうですが詳細不明…。
 Amazonさんで検索したら、こちらのアニメのノヴェライズされたものがありました。

 私もアニメを見て育った世代ですが、特別なアニメファン、マニアということでもないので……最近じゃもうわがままで、絵がきれいじゃないと見ない、キャラクターデザインが趣味にあわないと見ない、という状況です。(^^ゞ
 で、この「地球SOS」ですが、絵、きれいですねえ。まずはそこから入りました。
 
 昔の――といってもどれほど昔かわかりませんが――、戦後のSFが原作ということからきているのか、なんかもう、あちこちに、みょーな郷愁を覚えます。
 OPのシンプルさと、次回予告のときのあの、昔の「家具調テレビ」みたいな画面…。
「趣味の世界だ…」
 となんとなく、にんまり。

 私はウルトラマンシリーズでいうと「ウルトラマンタロウ」(1973年…多分)から記憶に残っているくらいなんで、厳密には、ウルトラQが「なつかしい」世代ではございません。
 が、あのへんの時代を意識しているらしい演出の、こまかいところに、ついつい「なつかしい」と呟いてしまいます。

 いいですよねえ。異星人の地球侵略。無能な政治家と、彼らの頭越しに“有志で”地球防衛しちゃうサイエンティスト、「予算はどうなってるんだ」といいたくなる、○○博士(ここはどうあっても“博士”である! 教授ではないのだ!)率いる「秘密組織」!
 偶然に巻き込まれる少年たちが地球防衛に立ち上がる!

 ……みたいな。

 あ~なつかしいやな~。考えてみたら「マジンガーZ」(1972年…?)もこのカテゴリーになるんだな~。好きだったな~。あれ、何でプールが割れたんだろうな~。なんで操縦席はいちいちパイルダーで分離してたのかな~。(←独り言なんで気にしないでください;;)

 そんな具合でなんかこう、記憶の根っこ部分を、ちらちらと突つかれている感じです。(^^)

 ノベライズされている本があるので、そっちを読めば今後の展開はわかるわけですが、でも、せっかくなので、このままアニメの方を見ていこうと思います。
 とにかく設定の数々が妙に懐かしいテイストで。(^^)
 これほど科学技術が発達しているようでありながら、「携帯電話」が出てこない、「インターネット」らしきものが出てこない、というあたりも、なんというかこう…、へんな言い方ですが「レトロ・空想科学冒険小説」(って言い方が昔はありましたの)の趣きで、郷愁を誘われる。

 ……そういえば、マジンガーZとか、ガッチャマンとか、あの時代はコンピュータっていうと、壁のようにでっかいシロモノが広い部屋を埋め尽くすように並んでいて、スーパーのレジのレシートの、すんげえ長いやつにパンチで穴を開けた、みたいな、なぞの紙がべろべろべろっと吐き出され、それを博士が手にとって「読む」と、「なに! ○○に▲▲が出現だと!」とか、叫んだりしてました。
 コンピュータの表現が、もう、ぜんぜん違う…。

 もうひとつ余談ですが。
 NHKで、大学だったか高専だったか、ともあれロボットコンテストのもようが放送されましたが、番組冒頭でアナウンサーがゲスト(稲垣吾郎さん)に、クイズということで、
ガルマは死んだ。なぜか
 といきなり言いまして。
 ――このセリフは演説(の一部)なんだから、そう平板に言っちゃダメだなあ、もっと感情込めていってくれなきゃ…と思う間もなく。

坊やだからさ

 ………無意識に即答してましたよ私…;;
 私は特別にガンダムマニアじゃないのですが、当時は家庭用ビデオが普及してないですから、あらゆることを自分で記憶するしかなかったんで、覚えちゃったんですね…。
 もともと貧弱な脳の記憶容量を、あの時代に使い切ったから、いま、こうも記憶力が弱いのかもしれないです。(^^;)
関連記事
10:55  |  アニメ・漫画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT