拍手御礼&お知らせ

 拍手下さいました方、ありがとうございました。(^^)
 一言くださいました方、「続きを読む」からどうぞv


 これまでいただいておりますメールは、昨日、すべて返信いたしました。
 まだ水原からのレスがきていない、という方、いらっしゃいましたらご連絡ください。

 11/27までに到着の通販お申し込み分は本日発送予定です。それ以後のものは明日になると思います。
 1年のブランクのせいか、通販の手際が悪くなっているようで;
 遅くなって申し訳ございません;;

 本日はそんなわけで、お知らせのみで…。
 発送準備、急ぎます~。m(_ _)m
続きを読む
関連記事

人間嫌い

 世間の口さがないのはいまに始まったことではないけれども、しかし、なんだってこう、ひどいことを平気で言えるのだろう、と、――またしても、テレビやネットを前にむっとしている日々でございます。
 祖母と、幼い孫娘の行方不明から始まった事件ですが、……親御さんのお気持ちを思うと、どうにも胸が痛みます。

 それにしても今回「えーかげんにせーよ」と、思わず“大魔神”みたいになっていたのは、犯人を決めつける報道(っていうのか)があったことでした。
 ……ああいうのってでも、報道じゃないですよね。たんなるデマゴギーじゃん。ああいうものを「報道」だの、伝える人を「記者」だのと呼んであげられるほど、私の心は広くない。

 じっさいの話、たとえ警察に逮捕されてもそれは「容疑者」であって「犯人」確定じゃないのです。
 迂闊なことをすれば人の名誉を傷つけてしまう、そのリスクを思うとき、「たてまえ」というものは絶対に必要だと、今回、あらためておもいましたね。

 たてまえでコチコチになることを、私だっていいことだとは思いませんが、しかし、たてまえを、愚か者はありがたいと思わなければならない。なぜというに、そういう建て前をいちおうでも呑み込んでいれば、自分の非常識な愚かさを、直接、ひとさまにお見せしないで済むから。

 しかし、本当にお気の毒でならない人を、どういう根拠があったのか私は存じませんが、勝手に犯人と決めつけ、それが「事実」であるかのように垂れ流した人々こそ、カメラのまえで猛省してもらいたい。ちゃんと謝罪するんでしょうね? 嘘を垂れ流したんだよ?
 そういう無責任なことを垂れ流した人、所属と実名と顔写真を公開してほしいくらいですよ。そんな情けない仕事しかできないなら、その「報道」とやらには2度と関わらないでほしい。
 またそういう人々に対して疑問を持たない世間の空気がどうにも始末に負えぬというか……。これなら私も言ってもいいだろうと思ったのか、うっかりしたことをブログに書いて、お仕事、休業することになった若い女優さんもいたそうですが……。

 他人の名誉というものを、どう思っているのかなと思います。
 そういう固い話じゃなくても、お気の毒な人に、そういってあげられなくなるということは、どういうことなのか、とも。

 …………私はもともと愛が不足気味なうえに人間嫌いなところがあるので、こういう話を聞くと本当にイヤになってしまいます。

 ともあれ、行方不明になっていた方が、帰宅できたということだけは、よかったと思いました。
関連記事

掘り出し物

 拍手下さいました方、ありがとうございました。m(_ _)m
 メール下さいました方、ありがとうございます。ただいま返信がちょっと滞っておりまして、申し訳ございません。お申し込みいただいたぶんはお取り置きしてございますが、返信を急ぎますので、もう少々お待ち下さい。m(_ _)m

     ●

 ネットオークションで、着物、小紋を買ったのですが、これはなかなかの掘り出し物かもしれない。と思いつつ、へんなところで小心者の私はなんとなく青ざめてみたり。(^^;)

 ネットオークションで願ってもないお値段で和装コートを入手して以来、味をしめてちょこちょこ、オークションをのぞいていたのですが。

 一枚、ちょっといいなあと思う小紋がございまして。
 お仕立て上がりなのですが、着丈150cm、裄(ゆき。簡単にいうと袖の長さですね…着物の場合は袖だけじゃなくて、背中中心から測りますが)が62cm。
 通常、プレタの着物でMサイズですと、着丈は160cm 、裄は66cmくらいになると思うので、それと比較するとけっこう小さいサイズだということはわかりますね。

 私は、自分のサイズに合わせて作った縮緬の小紋が着丈158cmほどですが、じつはこれでもちょっとおはしょりが長いかな~という感じになることがありまして。(腰ヒモの位置が問題)
 なので、着丈150cmだとむしろちょうどいいかなと思いましたが、裄が62cmというのは、ちょっと短いかなあ…と。

 しかしま、家で普段着に、お稽古をかねて着たいというだけだし、裄がちっと短いくらいいいかな。と思いまして。
 色と柄はすごく素敵だったので、落札できるかどうかはともかく、ひとまず入札。

 なんていってますが、じつは、落札できる可能性は高いなと思っていたのです。
 なんせサイズが小さめで、だれにでも着られるものじゃないので。
 じっさい入札者はほかに誰もいなくて、おかげさまでそのまま落札できました。

 昨日、現物が届いたのですが、見てびっくり。
 これ…; いちおう絹だ…;;
 値段が値段だけにてっきりポリエステルだと思っていたのです…;

 裏地(胴裏)はポリですが、表の生地と八掛は明らかに絹です…。思わずくんくん匂いを嗅いでしまいましたが、絹特有の匂いがする……。
 うひゃ~! と叫んで思わずのけぞりました。

 絹としては、さほど品質はいいものではなさそうですが……しかし、ポリじゃないのは確か。この匂い。この生地のしなやかさ。(ポリエステルだと、よほどの上等ものじゃないかぎり、やっぱりなんとなくごわごわしてますからわかります。(^^;))
 いちおう絹だわ、このサイズでお仕立て上がりになってるわ、しかし仕付けもついたままの明らかな新品だわ。
 ……どういう理由でオークションへ流れてきたのか…;;
 どうやら長いこと、倉庫とかに入れっぱなしだったらしく、畳み皺がけっこう激しいものがあります。いちおう昨夜から吊るしていますが、どこまでとれるかなー。皺。

 誰かのオーダーで仕立てたものの、サイズ間違いかなんかがあったんじゃないか、というのがちの母の推理。
 まあそんなところなのかなあ…。広襟だけど、襟をとめるスナップとか、ぜんぜんないしな。

 であるにしても。
 す、すみません、絹ものを4千円でおつりがあるような値段で落としちゃって;;
 ――と、へんなふうに気が弱いので、なんとなく、誰にともなく謝ってしまいました。

 しかし…ポリだったら多少、粗雑な扱いしてもいいやと思っていたので、そのへんはちょっと…どうしたものかという気もします。

 あ。裄は、たしかにちょっと短かめですが、袖丈が45cmということで、バランス的におかしくはないです。着丈はやはり、問題なさそう。

 すごい掘り出し物をあててしまったのかもしれない…。
 大事に着ていきたいと思います。もちろん、大事につっても、箪笥の肥やしにするということでなく、ね。(^^;)
関連記事

拍手&コメント御礼

 拍手下さいました方、ありがとうございました。m(_ _)m
 コメント下さいました方、ありがとうございます~。「続きを読む」からどうぞv
続きを読む
関連記事

素朴な疑問

 バレーボールの試合を、見たり見なかったりですが…。
 これはもうだいぶ以前から気になってはいたのですが。
 …日本男子の場合、前衛、落ち着かないなあという印象があるんですよね…。そう思うのは私くらいなもんでしょうか;;

 前衛は、ネット一枚隔てただけで、相手チームと文字どおり対面しているわけですが。
 サービスを待つとき、女子のほうは、前衛にたった3人は、おおむね、前を向いてサーブを待ち構えていますが、男子の場合。
 ちょろちょろちょろちょろ、横を向いたり下を向いたり、はては何が気になるのか知りませんが後ろを見たり。
 ………対戦相手にガンとばすくらい、しないんだろうか?
 ガンくれるどころか、対戦相手と目を合わせないように、視線をそらして、あっち向いたりこっち向いたりしてるのかな? という印象です。

 まあ、べつに喧嘩じゃないんで、ガンとばす必要もないんですが、それにしたってこれからサーブが飛んでくるっていうのに、ちゃんと前を向いて、対戦相手をみていなくていいのかな?

 じっさいにそうなのかどうかはわからないのですが……、先に女子の試合を見て男子を見ると「この人たち、ちゃんと前を向いてないけど大丈夫?」という感覚がじわじわとやってくるんですよね…。
 気のせいかな、とは思うのですが、今回、またしてもそんな感じを受けてしまったので、「もしかして気のせいではないのかも」と思ってしまいました……うーん。

 それにしてもバレーボールも、格闘技みたいになってきましたね; ものすんごいスパイク見てると「誰が拾えるっていうんだあんなの」と思います。うっかり顔にあたったりしたら失神しそう;
 思わずすごい球に「よけて~!」と叫んでしまい、「よけてどうする…」と自分に突っ込んでしまいました;;

 オリンピックへの道は遠く険しいものがあるようですが、頑張ってほしいです。微力ながらも、疑問に思うこともありつつも、テレビ桟敷きで応援してますんで。
関連記事

子ども同士

 拍手下さいました方、ありがとうございました。(^^)
 11/23までにいただいておりますメールにつきましては、すべて返信済みです。まだ返信がきていない、という方、いらっしゃいましたら、恐れ入りますがお知らせください。

     ●

 ちょっとこの週末は、家にいたにもかかわらず、バテ気味です;
 と申しますのも。
 いつぞやお話ししました風邪引きの野良猫の子猫。
 結局、通常の鼻炎薬では効果がなく、一昨日あたりから抗生剤をのませている……ということで、結局そのまま、うちにおります……。
 どーもこのまま飼うことになりそうです…。先住者の猫2匹は、まあ、距離を保ちつつ、穏やかに無視することにしたようです。仲良くはしてくれませんが、だからって追い出そうともしない、という態度ですね。

 それはまあいいんですが……近所の小学生がここんとこ、「猫みせてくださ~い」と来るようになりまして……。
 この週末…連休、その相手をしていたら、おばさん、すっかりグロッキーでございます;
 うーん。猫と子どもをほっといておけばいいのかもしれませんが……なんとなくそういうこともできず。
 ……ん? グロッキーって死語ですかね? ようするにバテバテ。(^^;)

 そのうち、子猫が大猫になれば、「可愛い~」と言われることもなくなるので(←経験済み)、まあこの騒ぎもいまのうちだけ、とは思うのですが。

 しかし子どもさんのいうことって面白いなあと思って聞いております。大人のいうところの論理とは違いますが、子どもなりの論理っつーのはあって、ちゃんとそれに添っているんですよね。理屈に合わないようでも筋がとおっている、と感じることがあり、なかなか面白い。

 それにしても、猫を見たい触りたいというのでうちにくるわけですが、慣れていない子にはやっぱり「怖い」んですねえ、猫。
 どーでもいいんだけど、猫見せて下さいつってきて、「犬飼いたいな~」っていうのはどうなんですかねえ?(←おばさん、大人げないですよ…;)
関連記事

拍手御礼、ほかお知らせ

 拍手下さいました方、ありがとうございます~。(^^)

 昨日、封筒をお預かりしておりました方に、発行物ご案内のペーパーを発送致しました。
 また、すでにこちらに到着しておりましたお申し込み分につきましても、昨日、発送となっております。
 お手元に届きますまで、もうしばらくお待ち下さい。m(_ _)m
 ただ、郵便が、祝日~土日の集配なので、月曜日にお届けというのはちょっと無理のようです;; すみません~。
 11/22までにいただきましたメールについては、返信がすべて済んでおります。もしまだ返信メールがきていない、ということがございましたら、お知らせ下さい。
 11/23、24にいただきましたメールには本日、返信申し上げますので、もう少々お待ち下さい。


 あと、「化け猫」のほうも最後までアップしました~。
関連記事

「しゃばけ」

しゃばけ (新潮文庫)
畠中 恵
410146121X


 昨夜のドラマの方を見ておりました。
 じつは…原作の方は、立ち読みをちょこっとだけ、ということで未読です;;
 でも昨夜がなかなか面白かったので、また読んでみようかなと。

 それにしても「お化け」って楽しい…。しみじみ思いました。
 妖怪って、あんまり難しい理由がなさそうな感じがいいですねえ。(^^)

 鈴彦姫……うーん、美しい~。身のこなしがきれいだなあと思ってみていました。きれいなおねえさん、大好きv(年齢的にはおねえさんというよりお嬢さんかもしれないけど)

 特殊効果の使い方がうまくなったよなと思ってみておりました。
 んで、EDの、dancin' 鳴家(やなり。字はこれでよかったでしょうか?;; 間違っていたらごめんなさい)が可愛いので大喜びしてしまいました。(^^)

 それにしても私が見ていた限り(すみません、途中、フィギュアスケート、グランプリシリーズロシア大会、女子フリーを見てました;)、登場する女性の帯結びが、ほとんど全員、「角だし」に見えたんですけど気のせいでしょうか。
 商家のお内儀さんが昼夜帯で角だしというのはポピュラーだそうですが、日常的に肉体労働の、たとえば女中さんなどは、もうちょっと身軽な…矢の字で結んで前掛けかなあ、と思ったんですけど……まあいいですけど…。
 NHKの時代劇ですと、そのへん、さりげなく歩いていくエキストラの方でも、それぞれの職業や身分にあったように衣装を着けているようなので、……「やはり、人手の数の違いか?」と、つい思ってみてしまいました。

 で、十朱幸代さん。――たしかにこの女優さんはすでに「化け物」の域にいってらっしゃるだろうと思ってみてました……。年を「食って」いる…。すげえ;;
 ところで女優さんにたいし「化け物」というのは最大の賛辞なので、「怖がってはいけない」んだそうです。野田秀樹さんによると。(野田さんが化け物と呼んでいたのは杉村春子さんでした。……たしかに;;)

 そんなわけで「しゃばけ」、私は可愛いやら楽しいやらで拝見したのですが、原作ファンの方の反応はどうだったかな。(^^)
関連記事

ひこにゃん・その後

 彦根城築城400年祭のマスコットキャラクター、思わぬ大人気となった「ひこにゃん」ですが、その後の彼の身の振り方は、難しいことになっているようですね~。
   ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000245-mailo-l25

「キャラクターの一切の権利は実行委に帰属する」と、応募したイベント企画会社と実行委が契約し、申立人とは全く契約関係がなく、』とのことですが、これが事実ならば、その「原作者」とされる人にはたしかに、使用禁止を求めるような権利はない、ということになりますね。
 どっちかつーと、そのデザイナーと企画会社とのあいだでの問題なのでは?

 しかし著作権というのは最近、強化される傾向があるのは確かなので……うーん。どうなんですかね~。(個人的に著作権、死後70年保護というのはやめてほしい;;)
 私としてはこのまま、ひこにゃんには彦根のかわらぬマスコットでいてほしいと思います。(住民票もできたことだし)
 今年、遊びにいこうかと思っていたけどいけなかったので、行けたときに、ひこにゃんに会えたら嬉しいですし。
 今年限りというのは、ちょっと寂しいですよねえ。
 あたしゃ今年のコミケでは、ひこにゃんパロの同人誌を見かけてつい買っちゃいまし………はっ。こういうことは言ってはいけないのだろうか;;
 いえ、あのう……、ひこにゃんグッズ、今後も買えたら嬉しいな~、ということで。(^^;)

 契約とはつまり「約束」のことで、その約束は守られるべきというのは第一義ですよね。そういう意味で考えると、その「原作者」は、本当の意味での原作者と言えるのか。デザイナーと、原作者は一致するのか。
 私は、この話を聞いたときの第一声は「なんだそりゃ」でした。(^^;) デザイナーと原作者って同じものなの? と。
 しかし契約したときに、彦根市の実行委員会に「いっさいの権利が帰属する」ということになっていたら、原作者からも、その権利は譲渡されていると見るのが、まあ、一般常識なんじゃないかと思われますが……。
 ややこしいことになりましたねえ。ひこにゃんはあんなにラブリーなのに、大人の事情はラヴリーじゃないねえ。
 あ、そういえば、「しまさこにゃん」はどうなるのでしょうか?


 このへん私信ですが。その「原作者」の筆跡は、私は拝見しておりません。
 でも、たしかに筆跡には人柄って出ますよねえ。筆跡と…あと、線の勢いとか。
 上手い下手じゃなくて、……お世辞にもうまいとは言えないが、なんとも言えない味わいがあって、「愛嬌」のある字、というのもあるし、うまいんだけど、な~んか“冷たい”感じがする、とか、そういうのってありますね。

 私にはそういうものを鑑賞する力はありませんが(好き嫌いはありますが)……見る人が見れば、そういうのってあるんだろうと思います。

 私も、特別、汚い字ってことでもないはずですが(むろん達筆ではない)、くせ字っていうのか…; 「誰の筆跡かすぐわかる」らしいです;;
 中学のとき、試験の答案用紙に名前を書かずに提出しちゃったことがありましたが、字でわかる、とのことで、ちゃんと採点されて返ってきました;
 論述のある国語とかならまだしも、数学だったんですよね~; 数字ですらあたしの書く字はくせがあるのか、と、ちょっとぼーぜんとした記憶があります。

 本来、答案に名前がないなんて、そのまま「零点」扱いされても不思議じゃないところでしたが…名前を書く欄の下に「この字は水原かな?」と書かれて返ってきました。…ハイ…まごうことなき私の答案でございます……。字とは関係なく出来の悪い…(泣)
 S先生……いい先生でした…。出来の悪い生徒をいじめるような人じゃなかったんだよな~…。
 
 と、またなんだかへんなほうへ話が跳んでしまいますね。(^^ゞ
関連記事

お知らせいろいろ

 拍手下さいました方、ありがとうございました。m(_ _)m
 昨日メール下さいました方、ありがとうございます。返信を急ぎますので、もう少々お待ち下さい。

 小説部屋に「化け猫」アップ始めました。

 あと、「ミラージュ私論」の重量、わかりました!

 重量は、封筒等の重量合わせて65gです。(60gをちょっと出ている…ということで…うちの秤では微妙なところを指します;;)
 本体だけならぎりぎり50gか、ちょっとオーバーか、というところ。

 そんなわけで、送料は、郵便の定型外普通で、140円となります。
 通販情報のページ(PC/ケータイ)でも情報を更新しました。

 あと、これを書くのを忘れていました…「ミラージュ私論」は、イベントでの配布はございません。
 通販でのみ、承ります。

 自分がもうイベント参加はしないからということもありますが…、直江×高耶小説でもなんでもないものを、イベントだと、ちょっと間違ってお持ちになる方がいらしたらまずいな、ということで。

 そんなに神経質になることもないだろう、と、思っている部分もあるのですが……しかし…、内容的に、場合によってはひとさまの神経を逆撫ですることになる危険性は、少なくとも直江×高耶小説よりは、きわめて高いので、慎重に参りたいと思います。

 ミラージュは、よくも悪くも、人の感情に深く関わってくるものだと思います。なので、理屈としてどうこうではないレベルで、こんな「私論」なんぞ、うっかりでも目にした日には、精神衛生にたいへんによろしくない、という方も少なからずいらっしゃるはず。と考えております。
 私もうっかり屋でして、悪気はなくても人様の感情を逆撫でする可能性は、もとから高いとも思っております。しかし、そうなった場合でも、それは私の本意ではございません。
 そういう、お互いに不幸な出会いをしないよう、ちょっと慎重に行こう、ということで。

 こういう、へんなシロモノをも、面白がって、読んでやろうという酔狂…もとい、遊び心を解する方に、おつき合い願えるなら、私としてはそれで充分でございますので。
 非売品とした理由も、同じく。

 なお、こちら「ミラージュ私論」ですが、12/30のコミックマーケット73におきまして「びいんず」様にて、お預かりいただけるとのことですので(ありがとうございます~)、コミケでの受取をご希望の方は、メールでも郵便でもけっこうですので、その旨、お申し付け下さい。
 お名前をおっしゃっていただければお渡しできるようにいたします。

 お知らせ各種でした。m(_ _)m
関連記事

半分の月光

 拍手くださいました方、ありがとうございました。(^^)
 昨日メール下さいました方、ありがとうございます。返信を急ぎますので、もう少々お待ち下さい。

 昨日から小説部屋の準備もはじめました; 今晩にはひとつ、アップできるかと思います。
 あとは…紙のペーパーも作って発送しなければ;
 なんだか久しぶりに作業がたまっているような。(^^;)

 そんなわけで本日は日記も手抜き気味。(^^;)

     ●

 今回の温泉行きの思い出。
 そんなわけでホテルの窓から眺めれば、静かな入り江の、穏やかな波が見えますが、これは昼間の話。
 いい感じで太陽が山の向こうに沈んでいき、夜になると、景色は単に真っ暗に。
 対岸の道路を走っていく車の、ヘッドライトとテールランプと信号機の光がくっきり見えるだけ、という景色なんですが。

 夜9時過ぎ、のんびり湯に浸かって何も見えない窓を眺めていて、あれ? と思いましたのは。
 ぼんやりと、本当にうっすらと、海面が青白く光って見える。
 こちら、手前から対岸に向かい、けっこうな幅で海面に光の帯。

 もしや? と思って窓際に寄り、空を見上げましたらば。
 折からの強風で雲はひとつ残らず吹き散らされ、遮蔽物はなにもない暗い空に、皎々と輝く半月が。

 ちょうど七日か八日の月で、まさに半分。
 半分の月なので、まださほどの明るさはないのですが、しかし空気は澄んでいるし雲もないしで、たいへんにくっきりした月でした。

 空高くにかかった月は、青い光を海面に落とす。
 満月なら水面は光って見えたでしょうが、なにせ半分なので。
 燐光のようにうっすら光るようすは、かえって幻想的でした。

 ……いいものを見た。(^^) ←ご満悦
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ