語感

 ということで、本日、「びいんずのお部屋」開設いたしました。
 管理人が、不肖、わたくし水原でございますので、どーも何かとトロイんですが…;;
 ひとまず、最新刊と、イベント参加の情報を中心に、お知らせして参ります。

 羽入ぎいちゃん本人はきわめて多忙なため、サイトや通販、その他情報に関するお問い合わせは、まずは水原が承りますので、メールにてお申し付け下さいませ。<(_ _)>

      ●

 先日、夕刊を読んでおりましたら(…こればっかだな私)、とあるコラムで「萌え」という言葉が取り上げられていて、その注釈にいわく、「オタクの用語で“好き”の意味」。
 
 ………。
 ま、たしかに“好き”っちゃあ“好き”なんだが…。
「あたし、ゴーギャンの絵って萌えだわ」なんて言い方は、あんまりしないなあ…。(ゴーギャンの絵を見て、萌えるv という人がいないとは言えないが…)

 確かに「萌え」には、「好き」という感情もある。が、しかし、さらに独特のリビドーが付随する感情の表現である……と言っても、その、「独特のリビドー」がない人には、どんなに言葉を尽くして説明してもわかってはもらえないだろうなー……。
(というか、そこで『独特のリビドー』ってなに? とはつっこまないでくれ! 頼むから! という事態になってしまう…)

 こうしてみると、言葉っていうのは、やはり「生き物」なんだなと思いますね~。
 国語辞典的に説明することは不可能ではないかもしれないけど、だからといってそこできっちり、意味が理解されるとは限らないんですよねえ。

 一神教カルチャーというのは「言葉」を非常に重んじるけれど(“初めに言葉ありき”ってアレだ)(たとえ嘘でも、言葉にしてしまえばある程度、既成事実化するというのはすごい話だ)、しかし実際、世の中ってやつは、その言葉からはみ出している、目には見えない空気のようなものが、伝達されて動いているんだと思う―――のは、私が日本人だからでしょうか。

 話がまたそれていきそうになったので慌てて元に戻しますが。
 「オタクではない人」には、その「独特のリビドー」を理解することは難しいと思う。
 ので、オタク要素のない人は、やたらにそんな言葉を使わないほうがいいですよ…と、思わず独り言が出てしまいました。基本的に、上品な言葉じゃないんだし;;(少なくともフォーマルな日本語ではない)
 これは、あれですね…、語感どころか正確な意味も知らないのに、聞きかじった程度の若者の言葉をやたら連発したがるおじさんみたいなもので……「やめときなさいって;;」と、なぜか聞いている方が恥ずかしくなってしまう、という、あの感じによく似ていますね。

 大人には、若者言葉よりよほど深遠で謎で無気味な「オトナ語」があるのだから、無理に若者言葉を使うことはないと思う……。ふだん若い人と接することが多く、自然にその語感がつかめている人なら、また話は別ですが。
関連記事

ちょこっとお知らせも

 3月で発行する予定だったペーパーが作れなかったので;; ここでペーパーをお送りするように封筒をお預かりしていた方につきましては、まことに勝手ながら、5月の新刊ご案内ペーパーをお送り致します。
 あらためてご連絡をさしあげますが、取り急ぎ、こちらでお知らせを。

 通販の情報を、ということでいただきましたペーパーの御請求につきましては1月に発行したペーパー(1月新刊、『夜明けまで』のご案内ペーパー)をお送り致します。本当に申し訳ございません;;
 こちらに掲載の通販、既刊、新刊の情報は、その後、大きな変動もありませんので、そのまま有効となっております。

 ……たしかに“情報”自体は有効なんですが…、それにしても、ペーパーを「流用」するのも初めてです…。体調がアレだったということで仕方ないとは思うのですが、さすがにちょっと情けないです…本当にすみません。


 あと。
 3/31に、「びいんず」様のお部屋を開設予定でおります。
 去年の秋から予定だけはあったんですが…なにかととろくてとうとう3月も末になってしまいました;;

 羽入ぎい個人サークル「びいんず」様の、インフォメーションのお部屋でございます。
 本人多忙につき、サイトの管理は水原が行います。通販のお問い合わせも含め、各種お問い合わせなどはどうぞ水原まで。

 ……とはいっても、じつはまだ既刊の情報もまだ完全じゃないんですけども; ひとまず、最新刊のお知らせと、イベントの参加情報からあげていきます。
関連記事

それどころじゃないだろう

 のんさんに、「指輪物語」の――えーと、「中つ国」の解説本をお借りして読んでいますが……面白いです~。うーむ。予想以上。
 すみません、なにかとへそ曲がりなファンタジー音痴は、物語そのものより、その周囲の設定、あるいは世界観のほうにハマりそうです。(^^ゞ

      ●

 イベント会場でM様とそんなお話をちょっとさせていただいたのですが……、「美老人」景虎様のお話って、皆さん大丈夫なんでしょうか? という。
 換生回数からすると、景虎様より直江のほうが回数が多い、ということは、景虎様がけっこう年上で、直江が年若だったという時期はあったはず。
 ………ということで、私も実は、同人誌で「美青年」景虎様と「可愛いお子ちゃまv」直江の組合せ、というのは読んだことがあるのです。(I川さんとのんさんは間違いなく書いておられた)

 …んがしかし。
「美老人」景虎様と「美青年」もしくは「美少年」直江、というのは――――ど、……どこまでおつき合い願えるのだろう? と思って、いまだにビビっておりますんです。
 M様には力強く! 「大丈夫」と言っていただきましたが(ありがとうございます~~)、……なんせそのへんの勇気がなくて「老松」もつい、夢オチにしてしまったような次第ですから…。私は個人的に、ああいうの、すっごい好きなんですけど、あまりにも個人的な趣味に走り過ぎかなと思うとどうも…。

 なので、サイトで一度書いてみて、皆さん大丈夫そうだったら本にしてみる、というのはどうかなあ? などと思っているところです。

 それにしても、自分でも、なんでこんなに「熟年の魅力」に弱いのだろうと思います…。
 思えば10代のころからアタシの趣味は渋かった…。「大江戸捜査網」も…死して屍、拾うものなし、のアレも、いちばん好きなのは御前だった…;(山村聡さんではなかったかと思う)当時、私は幼稚園児ですぜ~。

 高校3年のとき、大河ドラマは「独眼龍政宗」。最初はもう圧倒的に、お父上の輝宗様目当てで見ていた。(これは私だけじゃなかったけど)
 日曜日の夜に大河ドラマ見て、翌朝、月曜日の全校集会で集まると、友達と盛り上がっていたのを思い出します。
 あと、故・笠智衆さん、田村高広さん……、素敵ですv(母には、田村高広さんが好きだといったら、じゃあ板妻も好きなんじゃない? と言われたが…それは渋いというのを通り越している……)
 
 ……こういうヤツが、三十路になってハマったのが越前リョーマさん(12)だったんですから、かなり焦りました実は。「いままで自分を“渋好み”だと思ってきたのに、いまごろになって“ショタコン”になったのか?!」と、ある意味、アイデンティティ・クライシス。

 そういう意味では、橘義明さん(28)、仰木高耶さん(17)、というのはまだ充分、許容範囲だったんですね……。最初は、義明さんだって私より年上だったんだし。おまけに中身は400年超ということだったし。

 リョマさんについては結局その後、「なるほど年齢こそ12才だが、彼の中身は、そんじょそこらのにーさんやおじさんなんか目じゃないくらい“男性”だわ」ということで決着しました。ほんとに、この子の染色体はXYではなくYYじゃないのかと思いますね。しかしそういうのが実在するとなると、まるで宇宙人なので、じっさいには女性にはもてないでしょうけどね~。(男性にはもてると思われる)

 話がそれまくってますが、そんなわけで――ひょっこり突発企画で「美老人」シリーズなんて立ち上げるかもしれませんが、その際には、…えーと、大丈夫そうでしたらよろしくお願い致します。<(_ _)>

 というよりも。
 ……予定より遅れまくっている原稿を書くのが先なんですが。(^^;)
関連記事

イベント御礼

 昨日のイベント、お立ち寄り下さいました皆様、まことにありがとうございました。<(_ _)>
 昨日もちょこっと書きましたように、じつは体調不良でへろへろしていたため、ペーパーさえ作らずに参加していたのでした……、お尋ね下さった皆様、申し訳ありませんでした!
 というわけで、もちろん昨日は新刊はなく……、何人かの方にはお尋ねいただいたのですがそんなわけで、次回新刊は5月4日、スーパーコミックシティの予定です。で、大阪へは5月29日のシティへ参加の予定でおります。
 原稿はただいま鋭意努力中;; ということで、またよろしくお願い致します。ありがとうございました&申し訳ありませんでした。<(_ _)>
(お声をかけていただいたのは嬉しいやら、しかし腑甲斐ない状態で申し訳ないやら;;)

 また、わざわざスペースまで来て下さったM様、Kくん、S原様、ありがとうございました!
 Tさん、いつもいつも差し入れありがとうございます! おいしくいただきました~。(^^)
続きを読む
関連記事

タイトルなし

20050327114203
よくわからない写真ですみません。イベント会場からお送りしております。
写ったらいけないかしら(本とか人とか)というものを避けて撮影したらわけわかんない写真に(^_^;)

実はここまでの一週間、軽症とはいえ、風邪で苦しんでいまして、本日参加を内心あやぶんでいたのですが、これてよかった;
ペーパーつくれなかったんですが(;_;)
ペーパーなしで参加したのも初めてです。

会場をざっと歩いたら、あちこちのジャンルで「おおきく」本が。
皆ハマってるのね~(^o^)

それにしても今日はホントにいいお天気です。

関連記事

麗しい人

 夕刊の文化面に、映画「アビエイター」の評が出ていました。
 書いた方のお名前まではチェックしてないのですが……、ともあれ、この人に言わせると、「レイ」の主演でアカデミー賞主演男優賞をとった人(すみません例によってお名前が;;)よりも、こちら、「アビエイター」のレオ様の演技の方を高く評価する、とのこと。

 ……私も個人的には、レオ様の実力は評価しているほうなんで、今年のアカデミー賞を逃したのは残念だなあと思ってたんですよね。
 もっともあのアカデミー賞というのは、意外に「年功序列」だという話もあるしなー。
 おまけに、じつは、いい男は必要以上に冷遇されている――ハッキリ言えば妬まれてるんじゃないの? という疑惑を、私個人は、覚えております。

 とはいっても私がじっさいに「アビエイター」見るのは当分先の話なので、評価自体はできませんが。(^^ゞ(←基本的にはテレビ放映を待つケチくささ)

 私が、レオ様って実はすごい人なんでは? と思ったのは「仮面の男」でした。「タイタニック」の「完璧なビューティ」ぶりも好きなんですが。
 「仮面の男」、映画自体はちょっとアレですが(……日本語って便利よね…)、主演のレオ様は出色の出来だと思いました。
 ひとり二役だったわけですが、衣装や、メイクをとくに変えているようすはないのに、しかし、いま、画面に映っているのがどちらの男か――レオ様が演じているのはどちらなのか、ということははっきりわかったので、うへー、と思って感心したのです。

 例によってテレビ放映で見てますんで、私もいいかげんな観客で、途中で席を立ったりトイレにいったり、また途中から見始めたりということが何度もあったのですが、それでもその都度、いま映っているのは誰か、ということはすぐにわかる、というのはエライものだと思ったのでした。

 ……ということで、レオ様というのはしっかりした技量をもっている俳優さんなんでは? と思うのですが、そういう声って意外に聞こえてこないんですよねえ…。
 そこで疑惑が思い浮かぶわけです、「ビューティフルな男って妬まれるのかなあ?」という。
 もしくは、見た目の美しさにかえって目が眩んで、正当に下されるべき評価が得られにくいのかな? などと。
 なにしろじっさい、――アカデミー賞をもらっている俳優さんでいわゆる美形の人、と言われると、さっと思い浮かばないってこと、ありません? 私だけかな。………そりゃあ、探せば該当者はいるんでしょうけど。人数的に。

 ともあれ、またぜひ、いい映画にご出演いただきたいですね~。いつかは、あのオスカー像を手にしていただきたい。そう思います。

 そして。明日はイベントです~v
関連記事

ぼくは、いば、はだがつばってばす。

 高校野球、開会式と申せば。
 今回の選手宣誓、北海道の駒大苫小牧(……おおっ! ことえりちゃんが一発変換した!)の主将だったんですよね? 第一声が「宣誓!」ではなく、わりに落ち着いたトーンで、「この世に生を享(う)け…」という言葉から始まったので、おおっ? と思って思わずテレビを振り返りました。
 具体的な内容を覚えていないのですが(ごめんなさい~~)、なかなかいいことを言っていたようですね。ふつーに話していたのでよく聞こえたし。

 誰がやらせるのか知りませんが、あの「伝統的」な言い方はやめてほしいですからね~。「宣誓! 我々! 選手一同は!」みたいな、やたらがなって語尾だけが強いために、何を言ってるのか全然聞き取れないってやつ。
 私はあれを「全共闘しゃべり」と呼んでいます、個人的に。……なに言ってンだかわかんねえ……;;
 いまはマイクの性能もいいんだから、ふつーにしゃべればいいんだよう、と言いたくなる。

 個人的には駒大苫小牧、応援してます。
 が。
 コマダイトマコマイって、ちょっとした早口言葉みたいですね。(^^;)

 んで、ちょうど「おおきく振りかぶって」を読んだところなので、思わずじーっと選手たちに見入ってしまいますね。(←単純)

 本日のお題の訳。→「僕は今、鼻が詰まってます」。
 ………息が苦しいです……;;

      ●

 「鋼の錬金術師」10巻がでたところですが。
 ……このマンガの、英語版が出ることをアマゾンで知る。……うおお。

 マンガの英訳というのは、小説の翻訳などよりよほど難しいだろうなあと思います(お値段お高めなのは、そんなわけで仕方ないでしょうね)。
 ちょっと見てみたいな。(^^;) ここで英語の勉強になるかも…と下心を出してはいけない。

 そんでまた、アニメの再放送が決定! というので、ええっと思ってみてみたら……もちろん(?)全国ネットなどではないうえに、深夜帯でした;; アニメも途中までなら面白いんだ…。(←オイ)
関連記事

名曲

 またなんだか鼻風邪みたいになってしまいました;;
 鼻が詰まって頭がほーっとしている感じです。
 やっぱりこの気温差が厳しいなあ。早く平年並みくらいの気温キープでいってほしいですね。

      ●

 昨日、いちおう春の高校野球開幕しましたね。
 開幕式はいつも見ているのですが(……仕事は?)、今回は君が代が素晴らしかったですね~。東京芸大の声楽へ進むことになっているという女子生徒さんでしたが、すんばらしいソプラノによる君が代でした。
 …………サッカーも、国際試合のときは、ああいう人に歌ってもらったらどうでしょうねえ?

 わりとポップス系の人が歌ったりするけど……こういってはなんですがけっこう無惨だし…君が代は名曲だと思うけどそのぶん、難しい曲でもある……この間のドイツとの親善試合のときは、無惨を通り越して悲惨だったものなー…。

 ま、それはともかく。
 甲子園、初日から雨で試合が延期というのは初めてのことだったそうですが、このあとはどうなんでしょうね。お天気がよくなってくれるといいんですが。
関連記事

ある意味究極

 BSでアニプリ。
 ただでさえ10日遅れているのに、私の場合はHDに録っておいて、それをいつ見られるか微妙という状況なので、話題としては遅れまくってしまいますね。(^^ゞ
 ということで、
 やっと見ました「三年目の本気」。
 なるほどこれはどーしても「三年目の浮気」が連想されるサブタイトルだ……; だれですこれを考えたのは。

続きを読む
関連記事

休みの日の過ごし方

 いまさらなんですが。
 3/20って春分の日だったんですね;;

 いまごろ気がつくのもいーかげん間抜けな話ですが……そうかあ。もう、昼間のほうが時間が長い、という季節に移っていたんですね。
 今年はまだ気温があんまり上がらない感じで、いつまでも寒い気がしているのですが、でももう春なんですよねえ。気がつくと日差しも強くなっているし、庭にはもう、花が咲き出していますし。
 ……そんで、日だまりで猫は丸くなって寝ているし……。優雅だのう…。(どこが)

      ●

 昨日、連休最終日は。
 部屋の掃除――ふだんはしないようなところまで徹底的に拭き掃除――したり、いままで放っておいた雑用を片付けたり、去年から懸案のまま年を越していた、観葉植物ガジュマルの植え替えをしたりして過ごしてしまいました……。
 したことはどれも、それなりに片付けないといけないことではあったんですが、……じつはいちばん優先順位が高いはずのことが…後回しに;;
 ちょっと逃避気味です。いかんいかん。

 去年はもうこの時期でけっこう原稿は進めていたのに(HARUコミ合わせじゃなくて5月のスーパーコミックシティに向けて)、今年はまだ、あーでもないこーでもないとぐちゃぐちゃやっている状態です。
 けっこうヤバい気がする;;

 それでもいちおう、最初の骨組みはできました……。休みの日にほんとに何もしないわけにはいかないので、ひとまずよかったです。
 ほんとはもう、高坂のことはあきらめかけていたのですが、意外に話が転がって、なんとかなりそうな感じに。ありがたやありがたや。

 長い間、気にはなっていたけど、どうも声をかけられないで、遠まきに見ていただけの、この麗人に、ちょこっとでも話し掛けることができればいいんですけど。お茶に誘うなんていうのはまだちょっと無理っぽいから、せめて。
 どうなるかな~~。(^^;)
関連記事

地震お見舞い

 昨日、九州で震度6という大きな地震がありましたが、皆様、お怪我などなかったでしょうか。
 震源は九州、福岡県沖なのに、静岡の方も少し揺れたという…。
 こちらももうずっと長いこと、大きな地震はなかった地域だそうですね…気象庁にもデータがないそうで。
 地震というとやはり大規模な火災がとにかく心配なんですがそれはなかったようで、そこは不幸中の幸いで、よかったです。
 はやく余震もおさまってくれるといいんですが……。
 
 それにつけても、大地震が来るといって20年以上たつ地域ではまだない、というあたり、激しく不安を覚える静岡県民です……。
関連記事

芝居いろいろ

 「名探偵ポアロとマープル」、好きで毎週見てるんですが、たまに、「芝居」というものについて考えてこんでしまいます。

 劇場版・テニスの王子様で、越前リョーガの声をあてた山崎裕太さんが、映画パンフ、リョーマ役の皆川純子さんとの対談で、こうおっしゃってますね。

役者がアニメに出演して、『イマイチだよな~』ってのがよくあるでしょ?(笑) そういうのがイヤだったから、自分の演技を何度も聞き直しました

 ほんとにそうなんですよね……;;
 「名探偵ポアロとマープル」は、ポアロさん、ミス・マープルをはじめ、他のゲストキャラも、声優さんではない役者さんが声を当てているのですが……。
 ……こう言ってはなんですが……け、…けっこう無惨と言うか…;;

 ふだん見ている映画なりドラマなりでは、べつに演技が下手とは思えない俳優さんや、ベテランの俳優さんでさえ、「声だけの芝居」になると、やはり勝手が違うのかな――と、見ているこちらが戸惑うほど……あの…、生硬なかんじがするんですよね。

 外国の映画を見ていて、私の場合は、とにかく1度は字幕スーパー版を見たがるというのはやはり、その役者の「声」は肉体の一部だと思っているからなんですが――じっさい、セリフという「言葉」ではなく、「声」そのものがもつ表情、「音」としての響きが語りかけてくるものを聞くと、印象ががらっと変わるということはよくあります。

 ……がしかし……。声だけ、というのは、やはり違うのかな。ふだん、顔の表情を含めて、体全部を使う「芝居」をするのとでは違うのかな、と戸惑います。
 声だけの芝居になったとき、「この人、じつは滑舌がよくなかったんだ…!」と、軽い衝撃とともに感じ入ったりすることがあります。
 面白いもんですね、映像で芝居を見ているときはとくに気にならないのに。

 ということで「名探偵ポアロとマープル」、見ていてたま~に、「……声優さんに(役を)やってもらうということはできないもんなんだろうか…?」と思うことがあったりして。
 なんというのか…アニメの絵も「芝居」をしているわけですが、目で見ている芝居と、耳に聞こえてくる芝居が、まるっきりバラバラに思えるときがあって、さすがに、こういうときは興醒めする感じがしてしまいます……。

 そう。アニメって、「絵」が芝居するんですよね。このへんは、マエストロ宮崎駿さんもおっしゃっていたことがありますが。
 ……昨今、日本のアニメも、外注がかなり出てますね……。しかし…こっちも伊達に「日本のアニメ」で育ってるわけじゃないんで、スタッフのクレジットを見なくても、その動画部分が、外国で製作されたものかどうかはすぐわかるんですよ。
 で、やっぱり、「芝居」が違う。と感じる。

 コンテ切って、原画はいちおう「国産」だとしても、やはり、絵の連続がアニメなんだから……、芝居が違う、というのは、すぐわかる。絵の上手い下手じゃなく。
 具体的にどうこうと指摘することはできないけど、「感覚」で、あれっ? と思うんですよね……なんか違うぞ、と。で、EDのクレジットみて「ああ……そうか」と思う。

 表現にはやはり文化――お国柄は無縁じゃないでしょうから、ほんとにこれは「感覚」というしかないんですけど。
 じつのところ、「SAMURAI7」を、面白いとは思いつつ、さほどのめりこめないのは、その部分が大きいです。
「芝居」に違和感があるので(侍、といっているけど、表情がちがう、しぐさが違うと感じる……くどいようですが、コンテ、原画での話じゃなく)、感覚的に“入って”いけない。
 あれ、むしろ「侍」なんてもんを出しているから違和感バリバリなので、SF作品なら、そういう感じもべつになかったかもしれないです。


 話は冒頭に戻って。
 リョーガ役山崎裕太さんはそういう点では、(ご本人が気になさっていただけのことはあって)うまくいっていたと思います。
 役と、ご本人の年齢差があまりないせいもあったのかもしれませんね。(^^) 口調がいかにも、現代っ子らしくて。

 悪役、桜吹雪彦麿(さくらふぶき・ひこまろ……、なんて素敵な名前だ)役の、西岡徳馬さんは、パンフ見るまでじつは気がつかなかったほど、ハマってました~。
 映画みてからパンフじっくり見たので…ふつーに声優さんが演じているのだと思ってました。
 悪役っていうのも、演じるのは楽しいだろうなあ。(^^)
関連記事

3連休2日目

050318.jpg


 ぴーちゃんの怪我はおおむねよくなったようです。
 昨日は、気がつくと私の部屋に、彼の傷口にあったかさぶたが落ちていました。
 ……むしるなっつーのに…。
 傷口を見てみましたが、かさぶた取っちゃっても大丈夫みたいです。下にはすでに新しい皮膚が。
 それにしても、やっぱり痛かったんでしょうね。餌はしっかり食べて寝ていたのに、すっかり体重は軽くなってしまいました。抱っこするとずしっと持ち重りしたのに、いまはやけにふわっとした感じ。
 ……お医者さんにいけばもうちょっと楽に治るのに;;
 でもまあとりあえず、いただいた抗菌薬でなんとかなったようです。

      ●

 頭の中をこねくりこねくりしているのは継続中……。

 昨日はそういえば、お墓参りでしたが、お天気はよく、風が強くなることもなく、よかったです~。
 花粉症の症状はいちおうおさまっているのですが、しかし、屋外に出て、帰ってくると、なーんとなく顔が粉っぽい感じがする……。
 車は、1夜明ければ真っ黄色になってますし、……見てるだけで鼻がむずむずしてきます。
 今日も午後からちょっとお出かけなんですが……本日も花粉の量は「非常に多い」ので、気をつけていってきます。

      ●

 とあるサイト様では「ブログペット」というものが設置されているそうなのですが(ハボちゃんみたいなものらしい)、私のところからではぜんぜん見えません。
 フラッシュプレイヤーのバージョンが古いから、らしいのですが……OS9環境では、バージョンは7までですねん;(たぶん) ………やっぱ、世の中はもうOSXになっているのですねえ。
 見られないと言われると余計、見たくなる天の邪鬼。

関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ