おおつごもり 2015

 自分でも、なんでこんなことしてんのかな、と思う行動をとって、あとから、あーなるほど、と思うことってありませんか。
 先日、久しぶりでそれやりまして。

 コミケ参加当日の朝、コンビニであったかいお茶を買って行きましたが、なんの気無しに、チョコレートを手にとりまして。

IMG_1416.jpg

 これは私には珍しいこと。
 なにかを買おうと思って買い物に行った場合、あんまりそういう——「目的外のもの」を買うって、やらないんですよね。
 しかも、甘いお菓子を、とは。
 珍しいことしてンなあ私、と思ったんですが。

 同行の友人Nちゃん、現在ちょっとしたことで、漢方薬を服用中なんだそうで。
 私も以前、病院で風邪薬として処方されたことがありますが、ツムラさんの漢方薬でした。
 顆粒タイプでのみやすい——と私は思うんですが、Nちゃんはこういうものに慣れていないために、そりゃもう、最初に飲んだときは、もうたいへんな状態におちいったそうです。(^^;)

 顆粒タイプはどうかすると舌の裏とか歯の間とかに、びみょーに粒が残ります。私はそういうのは平気なほうで、そのまま水でも飲んでいれば喉へ流し込めてしまいますが、Nちゃん、本気で吐きそうな状態になるとのこと。
 一般に漢方薬は苦いとされていますが、あの顆粒タイプは味も香りも抑えられているので(……まあ煎じ薬に比べればですけど;;)、飲みやすいものだと私は思っていたので。

 そんなにツライか…、と、驚き半分、同情半分。
 そんなツライものを日に2、3回服用ってねえ……。つらいよねえ;;

 私は正露丸の香りを「いいニオイだよねえ♡」などといっては嫌がられる一種の変人だから、そんなに辛いかなあ? と謎に思うばかりですが、ともあれ。
 Nちゃんの薬は食間タイプらしく、お昼ご飯を食べてしばらくしてから服用、と。

 水を飲みながらではありましたが本当につらそうで。
 そのときに、あ、なるほどそうか、と。
「お口直しに」
 と、珍しく買っていた例のチョコレートを差し出したという次第。

 Nちゃんもふだんは間食はしない人ですが、2つも食べたというのが驚きで。
 ………よほど、後味で気持ち悪くなるんだろうなあ。(^^;)

 Nちゃんも、私が余分にお菓子など持っているのを、珍しいねというので、まあこういったわけで、と話し。
「自分でも、なにやってんだろう、とか、珍しいなとか思ったことが、あとで、ああこのためだったのか、と思うことってあるよねえ」
 という話になりました。

 もちろんそうしょっちゅうあることではないのですが、薄く疑問に思いつつやったことが、結果的には、あらよかったわ、というようなことに結びつく。
 直感というものなのか、なにかの予感か。
 面白いもんです。
 こういう「勘」は、大事にしたいな、と思います。(面白いから)

      ●

 といったところで。
 2015年も、これにて店じまいです。

 今年はどんな年だったかなと手帳をめくってみましたが——なかなか、激動の1年であったような。(^^;)
 いろいろと、これまでにはなかったことに首を突っ込んだり足を突っ込んだり。
 なかなか楽しめた1年でした。

 今日はまだ、もしかしたら夜にまたカクテルエントリーでもするかもしれないので、ご挨拶にはちょっと早いのかもしれませんが、ともあれ。

 今年もおつきあいいただき、ありがとうございました。

 来る年が皆様にとって、より実り豊かな1年となりますように。

 よいお年をお迎えくださいませ。m(_ _)m
  
 

カクテル:カリフォルニア・レモネード


既出。

・カリフォルニア・レモネード(2015-04-25 エントリ

ソフトドリンクのような飲み口で、カクテル苦手というような方にも飲みやすいのでおすすめ。でもアルコール度数はワイン並なので、ぐいぐいいっちゃうのは無しで(笑)
ロングドリンクですからゆっくりのんびり。そんな雰囲気があっているようです。

カクテルタイプはロングドリンク、TPOはオールデイカクテル。アルコール度数は11%ほどで、中口。
技法はシェイク。

カクテル言葉:「永遠の感謝」
 
 
 

本日おやすみ

今日はコミックマーケット89参加のため、こちらおやすみいたします。m(_ _)m

ツイッターではごちゃごちゃ書いてますが、寝言みたいなもので。(^^ゞ

年末の1日、どうぞお元気でお過ごしください。



ほしいもの

 これいいな、は、「これ欲しいな」という意味と、同じではない。
 ——ということに気がつきました。

 雑貨、文房具類を「見る」のが大好きで、ウェブショップ、カタログ、これを見始めると時間を忘れるし、いちばん危ないのはやはり実店舗で、最初に東急ハンズに行ったときは、つれていった友達が後悔したといったくらいでしたね。あと伊東屋さんね。
 お店から出てきやしません。

 なんて話していると、で、何を買ったの? と聞かれるのですが、これがねえ——ほとんどの場合、何も買わないで帰ってきたりするんですよね。(^^;)

 いえあまりにも長時間居座ったあとだと、ちょっと申し訳ないからというので細かいものや、消耗品を買ったりはしますが、これはまったくのおまけ行為。
 服屋さんをのぞいたものの、これというものはなく、といって手ぶらで出てくるのも申し訳ないときにはストッキングを買う、という、アレと同じ構造ですねたぶん。

 あって困るもんじゃない(消耗品だから)し、お値段としても負担にならないものを。

 そこまであれこれ見てなぜ何も買ってこない? と呆れられ、はて? とあらためて考えたりして。

 モノを見ているときにはそりゃもう「これいいなー」連発なんですが、「これ欲しいな!」は、じつは滅多にない。
 もとから、なにか目的があって見ているわけではないということもあるでしょうが、基本、これを買ったらどうなるかと考えているからでしょうね。

 もともと整理整頓が上手な方ではないのですが、それでもそれなりに——近藤麻理恵さんのご本のおかげもあり——、以前よりはマシになりまして。



 断捨離における失敗談を聞くにつけ、こんまりさんの「ときめき」基準て、素晴らしいなと思います。
 必要不要、使うか使わないかということが処分するしないの判断基準になるのは、もちろんだとして。

 比較的新しいものであっても、「ときめきのない」ものなら、感謝をして処分。
 他人が見たらなんですかこれはというようなものでも、「ときめく」ものがあり、大事な思いとリンクしているものなら、処分してはならない。

 断捨離失敗談を聞いていて思うのは、要不要、新しい古い、価額の多寡、といった、いわば「利益」のところだけで判断しているからなんだな、ということ。

 もうたいていのものはそういう、現実的な実利的な判断でいいと思いますが、でも、「捨ててはいけないもの」は、自分の気持ちの中にある、ということを、無視してはいかんのだなと。
(いちばんいかんのは、他人のものを勝手に処分することですね;; いかにご家族身内といえど他者はあくまでも他者。このけじめは見失ってはなりません)

 ということで。
 じっくり時間をかけて自分の胸の奥深くにまで問いかけながらの、整理整頓のあとというのは、「ものを増やす」ことにも、「丁寧に」なる気がします。
 慎重というより、「丁寧」です。

 ケチではない。これこそ、と思ったものなら、ためらうこともない。(電卓は叩くけど)

 自分がいかに自分の気持ちを無視して「ときめかない」ものを、しかもぞんざいに扱っていたかを実感したあとは、ものを買うときに無意識に、ときめきがあるかどうかを、じっと内側に問いかけるようになりますね。

 その答えはなかなか出てこないこともあります。

 こういうご時世なので、どうだろう、私はこれが本当に好きだろうか、と問いかけて、返事を待っている間に、売れちゃったりすることもありますね。
 残念にも思いますが、後悔したことはないんですよね。

 てことはたぶん——「ご縁がなかった」んだな、と思うことにしております。

 むかーしの人はたいていのことは、ご縁があるとかないとかで、世の中のことを語っていたようですが、でも、これ、当たりだと思いますねえ。

 本当にご縁のあるものは、いちどはあきらめたのに、思いがけないところで巡りあったりします。
 そのときに、わあよかった、という気持ちがあればもう決定ですよね。(*^_^*)
 迷うこともありません。

 ということで。
 これいいな〜、といっても、それは、「これ欲しいな」ということには、なかなかならないようです。

 これいいな、というのは、その文具なりなんなりの、デザインがいいなとか発想がすごいなとか面白いなとか、そんなところで楽しんでいるようです。
 ……売り場からしばらく出てこないというのは、ちょっとあらためたほうがいいかもしれませんが;;
 
 

スマホスタンド

 大掃除ですでにぐったりしておりますこんにちは。
 午前中は大掃除で、午後は買い出しへいってまいります。毎年のことではありますが、途中でもう、新年もなにもどーでもいいような気分になってきますね。(^^;)
 そうもいってられないので頑張ります;;

 明日もこちら、まともに書いていられるかどうかわかりません…結局は、大晦日の夜になってやっと一息、それまではドタバタしているんですよね。
 で、ただでさえそういう状態だというのに、有明へお出かけするといっては顰蹙を買うという。(^^;)

 でも、お出かけできるのは本当にありがたいことなんでございます。
 骨身に染みておりますので、ありがたいなーといいながら、遊びに行ってきたいと思います(笑)

 そのためにも今日明日、がんばりますよエエ。

          ●

 弟が送ってくれました、「ねころんスマホスタンド」。



 おや何か送ってきたよ、と梱包開けて箱を開けて、思わずへんな声をあげてしまいました。
 これ、かわいいなーと思ってたんだよありがとおおおおお!!
(【私信】あ、肝心の荷物の方もちゃんと届いてますんで)

2015-12-26 にゃんこスタンド - 2

「ねこのひらき」とも呼ばれる、「へそ天」で寝ている猫の、お腹をこちょこちょっと触ると、人の腕を抱え込んで、甘噛みしたり、ネコキックしてきたりしますが、これはそのネコキックの姿勢ですね。後ろ足のみごとな角度をご覧ください。
 ほんと、こんな感じになるんですよ。

2015-12-26 にゃんこスタンド - 1

 スタンドは底に滑り止めがあり、重さもけっこう、手に持つとずっしりした感じ。お習字のときの文鎮に………は、ちょっと軽いかな;; でもそれくらい。
 スマホだけでなく、iPad miniならいけるかな……それは不安定かなさすがに。(^^;)

2015-12-26 にゃんこスタンド - 4
2015-12-26 にゃんこスタンド - 3

 自分でもネコを飼っていて、外出先でネコを見かければとりあえずナンパして、岩合さんのネコ写真集持ってて、「世界ネコ歩き」みて、まーだネコか、と呆れられたこともありますが。

 造物主は数々の失敗作を連ねておられると私は思っているのですが、ネコだけは、造物主のマトモな作品、あるいは傑作といえるであろう、と本気で思っております。

 単なるネコバカのいうことなので、どうぞお気になさらず。(^^;)

 さて。
 バカを言ったところで、年末、もう一踏ん張りいたしましょう。

 ……ちなみに、のびねこもあります↓ (もういいって;;)


 
 
 
 

新顔「フォロウィー」

 

 Twitterのアカウントをとったはいいけど、どうしよう、というかなにができるの? という方に、ご参考までに。

 何冊かお世話になっておりますがいちばんよく見たのはうえの2冊。
 辞書を引くようにして項目、見出しから探せるところが便利です。LINE は高校生になんといわれようと入れてないしFacebookは放置状態で、マトモに使っているのはTwitterだけというありさまですが、でも、便利。

 そもそもなにができるのか、は、まずは最初に、目次と見出しに目を通せば、概略がわかります。
 コラムはTips の紹介もあったり、裏事情をこそっと語っていたりで参考になりますし。いずれも巻末、用語解説や索引があるので、「アレは(名称を)なんていったかな」「この用語はなんだっけ」と思ったときにはありがたいです。(^^)

 Twitterはほんと、意外なまでに住み着いちゃってますね。
 ブログの方はある程度、時間と分量をまとめる必要がありますが、ちょうど緊急連絡で「すみません! 10分ほど遅れます!」という電話をする感覚で書き込めるのはなるほどツイートのありがたいところ。
 
 ただ、電話とは違ってフォロワーさんの各所へ送られるわけなので、それがときどき、本当に申し訳ないと思います。
 寝言のようなものや意味不明の私信、聞かされても困りますよね。
 あまりそういうことはないようにとは、思っているのですが。

 自分がそういう次第なので、他の方のなるほどこれは本気の独り言だなとか私信だなとか思うものがあっても、「お疲れ様です」と言いながらスルー。
 
 どなたかのツイートで、
「Facebookは、『私たち仲間よね!』で、Twitterは、『私たち他人よね!』。
 Twitterの方がじつは適度にユルくてやりやすい」
 といった主旨のものがありました。
 全くその通りだなと思うこのごろ。

 基本的には各人の独り言だしフォロウィーとフォロワーとでは、相互のツイートをみたり、RTしたりという機会はある(=つながってる、ってやつですね)ものの、そのつながりは極めてゆるい。
 友達の友達は友達、てのがFacebookなんでしょうが、Twitterは、「友達の友達は自分には他人」という「節度」がある——と、勝手に思ってます。

 ところで。
 フォロワーという言葉は元々、英語にありました。
 follow(動詞)+「-er」(〜する人)、で、follower ですね。

 たとえばTwitterでは、自分をフォローしてくれている人が「フォロワー」ですが、では、自分がフォローしているほうは、どうなんでしょうか? と。

 接尾語「-ee」というのがありまして、〜される人、という意味になりますが。
 まあ文法としてはfollowに-eeをくっつければいいことになるんだけどなあ。辞書では見ないなあ。あるとしたって新しい言葉だものなー、と思ってたんですが。

 えらいもんですね、オックスフォードには載ってましたよ。
(向こう様の広辞苑みたいなもの)

followee
Line breaks: fol|low¦ee
Pronunciation: /ˌfɒləʊˈiː/
http://www.oxforddictionaries.com/definition/english/followee

 これまでときどき、「自分がフォローをしている人たちのことは、なんて言えばいいのかな」と思ってきましたが、これで晴れて(?)フォロウィーさんてことで。
 ………なんだか違和感もあるような気もしますが……ま、慣れでしょう慣れ。
 フォロウィーという音の響きが、なんとなく引き締まった感じがしないので、定着するような感じも、じつはしておりませんが……。
 どうなる「フォローしている人」名詞化問題。(いつ問題になったよ;;)


 閑話休題。
 
 そんな感じで、Twitterは、ゆるやか〜にやっていける感じが、意外と私には合っていたようです。
 そんなのんきなことが言えるのも、クソリプというものとはご縁がないまま過ごすことができているから、ということも、承知してはおりますが。(^^;)

       ●

 結果はまだ先。ひとまず、年明けになります。
 じつはさらにそこから先へ伸びる可能性もあったりして。(^^;)
 気持ち的にはちょっとげっそり;;
 
 

クリスマス満月

 どうもイブの方が盛り上がっちゃう感じなんですが、クリスマス本番は本日、12月25日でございます。

クリスマスプレゼント a069e42246958ac3f5676e333a43b435_s

 キリストのお誕生日祝いをする義理はあんまりないので、どうも忘れがちという気もしますね。(^^;)

 私は昨日は平常心で過ごしまして、今日、ケーキ等買ってこようかと♡ 今日でだいたい、実質、仕事納めにできると思うので、せいせいとしたところで飲めた方がいいなと……結局飲む話;;
(とはいえ1件、まだ片付くことが確定していない用件がありまして。月曜日になっちゃうと微妙なので、なんとか今日中にと思っているのですが…)
(でもこの『年内に』という呪文が、師走の慌ただしさに拍車をかけていることはわかってます;;)
(わかっていてもついつい……;;)

       ●

 今年のクリスマスは満月とも重なっております。なんだか、おめでたさ倍増って感じでいいですね。
 また、今日はいまのところ異様に暖かいんですよね。昨夜からかな。とても12月とは思えない暖かさ。
 これ、今日の夜までつづいてくれますかね? 暖かければちょっと外へ出て月を見るのもよさそうです。

 クリスマスの満月は38年ぶりだそうです。
 次は19年後とのこと。
 そういわれると、なんだかたいそう貴重なことに思えますよね。(^^)
 月が見えるか見えないか……それはまあ、お天気次第だから仕方ないですが。
 
 キリスト者でもないやつがクリスマスに浮かれるのはオカシイ、というご意見もありますが、クリスマスの起源を尋ねれば、古代ゲルマンの冬至祭(ユール)になるんだそうですね。
 あと、ミトラ教がこの日をお祝いしていたとか。
 であれば、太陽信仰がある日本人が浮かれていたってなんの不思議もございません(笑)

 古代の冬至祭はユールといい、現在でも北欧ではクリスマスをユールと呼ぶとか。
 じつは英語にもユールタイド yuletide という言葉があるんだそうですが、現在では実質、使われていないそうです。古語の扱いですね。
 Chrístmastìde は使ってるのかな?(←20世紀以前の文学作品を読んで過ごしたのでことさらに現代語に暗い)

 一陽来復、という言い方がありますが、私はこれが好きで。
 気温としてはむしろこれから冬の厳しさが増していくのですが、それでも、人の頭上では、太陽はもう春に向かっている、というイメージが好きなんですよねえ。(^^)

 2015年の追い込みもしつつ、月を待ちながら過ごして参りたいと思います。

 ……交通事故には気をつけたいですね;;
 ただでさえ年末渋滞がすごいんですよね今年は。でもって満月か〜…。
 どちらさまも(自転車含め)安全運転でどうぞ。(=゚ω゚)ノ
 
 
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ