ホット・シナモン・スパイス ハーニーアンドサンズ
2017年03月14日 (火) | 編集 |
 ツイッターやインスタの方には上げておりますが、ジンジャードリンク(三温生姜)と、シナモンティーをいただきまして。

IMG_0681.jpg

 生姜湯も好きなのでありがたく頂戴しておりますが、今回衝撃の出会いとなったのはシナモンティー。

 コーヒーが割と好きで結構飲みますが、コーヒーは、漢方の分類でいうと「体を冷やす」ものになるんだそうで、本当は、冷え性の私はあんまり飲まない方がいいということに。
 そうはいっても好きなものは好き、そういう人はシナモンを加えるといいですよ、と聞きまして、一時期はシナモンパウダーを買ってコーヒーにちょっと加えたりしてました。

 今回のシナモンティは、でも、シナモンそのものが主役!
 缶入りですが、その缶の封を開けた瞬間にシナモンの香りが来たからびっくり。すごい香りが強いんですね。
 こちらはティーバッグになってまして、お湯を注いで5分ほど抽出。

 さてシナモンティー、如何なものか、とまずは一口。
 ……いきなりむせそうになりました(笑)

IMG_2285.jpg

IMG_2278.jpg

 コーヒーにシナモンスティックを入れるだけでもあの存在感、それをもろにお茶にしているんですから、そりゃ強烈にもなりますよね。(^^;)
 とはいえ、本当にいい香り。╰(*´︶`*)╯♡
 これだけでもリラックスできる感じ。

 驚いたのは予想以上に甘い味がしたこと。
 砂糖が入ってるのかな? と記載を確認しましたら、砂糖とは書いてなくて、「スイートクローブ」が目を引きました。

 ざっと検索しましたら、やはりスイートクローブの自然な甘さ、とのこと。
 私は白砂糖が好きではなく、もう徹底的に純化して化学物質そのものになっているあの舌に突き刺すような甘さが苦手。
 スイートクローブは優しい甘さ。甘茶蔓(アマチャヅル)のような、でも甘茶蔓よりも甘さ自体は強いんじゃないかな。

 シナモンの香りとほのかな辛味と、スイートクローブの甘さで、なんとも言えない、ほっこりと温かくなるお味♡
 実のところ紅茶葉の感じはほとんどしないんですが;; シナモン強烈すぎ;;
 
 ネットで検索しますとHarney & Sons(ハーニー&サンズ)というブランドのものなんですね。で、さらに、私が頂戴したのは「デカフェ」decaf 、つまりカフェインが入ってないもの。
 正確には全くゼロということではなく、一定量のうちに1mg未満、という基準のようです。

IMG_2264.jpg

ホット・シナモン・スパイス
楽天市場 ショップ:ハーニーアンドサンズ
http://item.rakuten.co.jp/harney/c/0000000182/

 温かいお茶を飲みたい、でもカフェインがダメなんだよね〜……という方には、こちら、よろしいんじゃないかと思います。
 私は遠慮なく寝る前に飲んで、温まったところでぬくぬくお布団に参ります♡

 ………話は横道に逸れますが、歯医者さんで、
「砂糖は入ってないお茶を飲んで、そのまま寝ちゃってもいいですか」
 と聞いたら、
「うーん、それで虫歯になるってことは多分ないけど、お茶でも歯に汚れがつくことはつくから、一応、歯を磨き直してから寝てほしい」
 とのことでした……。
 やっぱりものぐさなことを言ったらいけませんね。(^^;)

 一時期は私もハーブティーに凝ったことがありまして、その中でも、シナモンは、私のような冷え性人間には心惹かれるものがあったんですが、お茶としては飲みにくい。いいとこ、パウダーを振る、くらい。

 でも、このお茶は心置きなくシナモンの風味、楽しめますし、ほんのり甘いところも飲みやすくていいですね。
 
 シナモンはまた解毒効果も高く、——花粉症の季節になると、多分、薬の副作用もあるかと思いますが、どうしてもお通じがイマイチになります。それについても、シナモン、いいですね〜。
 シナモンは生姜と同じく大量にとりすぎてはいけませんが、適量であれば、春の不快な症状も和らげくれるし、デトックスということは免疫力も向上するわけですし、いいですね〜♡

 いいものを教えてもらった♡ と喜んでいるところです。

 シナモンが持つ健康効果(といわれるもの)は、デトックスのほか、毛細血管を丈夫にし、血流を良くするので美肌効果、血流改善ですから抜け毛予防、抗酸化力。
 インスリン促進の働きもあるので血糖値の安定、整腸も。

 例によって痩せる痩せないの話もありますが、ここは考えない方がいいと思います(笑) ウェイトコントロールは生活習慣全体の問題だから、シナモンとってりゃ痩せるってもんじゃないですよね。

 まあ、そういう「栄養」としての成分がありますよ、っていうだけのことですので、あんまり欲張らず、美味しく手軽に(ティーバッグはありがたいです)、まだ寒い夜は続きますから、ほっこりお茶してリラックスできたらいいよね、と。それくらいのつもりでいいんじゃないかと思います。

 次回は自分でこのお茶、買いますね。(╹◡╹)♡ いいものをありがとう♡
  
 
パンテーン 洗い流さないトリートメント まとまり持続エッセンス
2016年04月02日 (土) | 編集 |
 今年は暖冬傾向ではありましたが、桜が遅れまくっていてなんとも。
 今日も、全国的に晴れが多いそうですが、うちのほうだけ雲が多めで肌寒い、というのはちょっと悲しい。(^^;)
 染井吉野よりも近所の山桜のほうが開花してきましたよ;; 通常とは順序が逆。
 染井吉野さんは今年は咲かない気なのかしら、とだんだん心配に。

 昨日はエイプリルフールでしたが、なかなか楽しいものがありました。聞いた一瞬にはえっと思い、次の瞬間には気がついて笑い出す、くらいの嘘が理想でしょうけど、なかなかね。(^^;)
 ジョークというのはなかなか高度な「技術」ですよね。
 そういうなか、ツイッター上では、なるほど上手いなーというものが多くて、感心しきりでございました。

        ●

 久しくエントリーもありませんでしたオススメお試しのものを今日は一つ。
(……このカテゴリー、本当にお久しぶりすぎる!)

 
・パンテーン 洗い流さないトリートメント まとまり持続エッセンス 本体 100ml


 検索すると同ラインの商品がずらりと出てくるので軽く混乱しますね;;
 
 名前にある通り、「洗い流さない」、乾いた髪に使用するトリートメントですが、ムース代わりに使うといいですよ〜、というオススメ。

 現在ゆるめにパーマかけてますが(パーマが効かない、またはとれやすいタイプのようで、ソバージュにしたはずがあんまりそうは見えないという事態になります;;)、どうも、あのムースというのが髪を傷める感じがしまして。
 ようは「糊(のり)」ですよねあれって。

 髪がへんなふうに固まっているのも、パリパリした感触になるのもどうにも気に入らず、そのあたりはどのメーカーさんの商品でも関係ないようで。

 で、ふと思いつき、この「洗い流さないトリートメント」を買ってみて、ムース代わりに使ってみたんですが、なかなかよろしい。

 本来は、乾いた髪にどうぞということですが、髪を湿らせて、もしくは洗髪→タオルドライ後に、このトリートメントをつけるとちゃんと落ち着く。
 糊じゃないから、へんに固まったりパリパリした感触にもならず。
 そんなに強固にがっちり固める必要もないし、これでいいや、と。

 トリートメントですからもちろん髪は傷まないし、一石二鳥ってかんじです。(^^)

 ただ、ムースとは違い、強風に吹かれた等で乱れますと、ムースと違ってもういちど髪を濡らせば復活、というわけにはいきません。(^^;)
 ある程度は復元(?)するけど、ムース使用時みたいなわけにはいきませんね。
 
 復元力はさほどでもないとはいえ、そこはそれさすがにトリートメント。ある程度のしっとり感は持続するので、ばっさばさに乱れるわけでもない。まあこれくらいならいいか、と気にしないでおくか、それとも、大きなものではないので鞄に忍ばせておくか。そのあたりはお好みで。(^-^)

 さきほどAmazonさんをのぞいたら、こちらの後継となる新モデルがありますよ〜と表示されたんですけど、さて、どうなんだろう。

 春は何かと、諸事コンディションが乱れがちな季節。
 案外、あのムースとかを不承不承(ふしょうぶしょう)お使いになっている方もいらっしゃるのでは——ということで。
 ムースと違って髪は傷めないし、というよりトリートメントだからむしろ補修効果があるわけだし、それを整髪に使うっていうのもいいですよ、というオススメでした。
 
 
ハリオ 蓋がガラスのごはん釜
2016年01月04日 (月) | 編集 |


 土鍋でご飯を炊くというのも、以前からちょいちょい聞いていたお話。
 いまはもちろん電気釜というものの進化はすさまじく、便利にもなっているのですがそれでも、土鍋炊き、おいしいよ、といわれれば、ごはん好きとしては気になってしょうがない。

 ということで、ハリオさんのこちらの土鍋。私のように勘が悪い物覚えが悪いというような、箸にも棒にもかからないような奴でも、誰でもできる、とのことで。
 はじめちょろちょろ中パッパ、赤子泣いても蓋取るな、という、昔ながらの火加減、というよりも「温度調整」をほぼ勝手にやってくれるというありがたさ。

 吸水させたお米を土鍋に入れて水を入れて強火にかける。土鍋の蓋に笛——ホイッスルがついてまして、これがヒューというような、やさしい音をたてはじめたら1分ほど待ち、火を消して、15分ほど蒸らして待つ。
 そんだけ。

 手間はかかりませんが、吸水作業ふくめ、時間は守る必要がありますね。自動で勝手にスイッチ切ったりはしてくれませんので(当たり前)、タイマーを使うなりなんなりで対応。
 ただ、炊き始めて火を止めるまでの過程は、そんなに時間はかかりませんから、他のものを作っている片手間にできてしまいます。

 今日日、電気釜だっていろいろ工夫されて美味しいんだし、そんなに違いがあるもんかなと思いましたが。
 ……あるんですね。

 炊きたてのときの香り、味は、それほどとは思いませんが(もちろん美味しいですが)、むしろ、炊いてから少し時間が経ってから、真価が発揮される。

 というのは、保温ジャーに移しても、おにぎりにしても、——少し時間が経ち、冷めてしまった時にその違いがはっきりわかる。

 時間が経ってもごはんが甘い。そしてしっとり感が失われない。
 べつに、電気釜で炊いたごはんの、時間が経過したものがマズイということはありません。でも、明らかに違うんですよ——風味が。
 あの、「ごはんがしっとりの質感」。あの甘さ、やわらかさ、みずみずしさ、——なんとも形容し難い。

 まあ、おにぎり作るんだったらこっち(ごはん釜)炊きですね。冷めても美味しいってすごいな。

 で。
 小学生のうちの甥っ子ちゃん。私は彼をひそかに「違いがわかる男」と呼んでおります。

 味覚はある程度は後天的に獲得されるものでしょうが、彼の場合、ごく小さい頃から味覚が鋭いところがありまして。
 生のレモンをそのまま食してしまう。3歳にしてひじきごはんの旨さを語り、果物だいすき、加工されていないものであればあるほどいい、発酵食品だいすき、という。
 ………渋い。渋すぎるその味覚。

 わりと加工されていないものを好むというのは面白いところで。
 うちでは、おみおつけ(漢字で書くと御御御付け、ってすごいな/笑)は市販の削り節投入ですが、これだけでも彼には味覚的にはわかるものらしく、ふだんは御御御付けはあまり好きではないと聞いて逆にびっくりするほどの食べっぷり。

 で、途中で、私が味噌を変えたんですが——酒精の入らない、つまり保存料のない、どうかすればカビが生えるという(昔タイプの)味噌。
(カビなんか生えたってべつにかまわない。カビだけ外して食べればいい——けど、これをいうと、ものすっごい顔をされるときがあるのであんまり人さまには申しません。(^^;))

 とくべつ高い味噌ではありませんが、酒精でせっかくの酵母菌を殺さないせいか、やはり甘いし香りもいい。
 甥っ子ちゃんはこれにも見事に反応。
 君、ほんとにふだん御御御付け食べないのかね? と言いたくなるほどの食べっぷり。

 ということが過去にあったもんですから——、さて、「違いがわかる男」は、ごはん釜炊きごはんには、どういう反応をするだろうか、と思っておりました。

 みごとに反応しましたねー。(^^;)
 基本的にはなんでもよく食べる人ですが、今回はごはんがおいしい、といってお代わりしたのには、さすがにびっくりでした。
 こちらはなにも情報は与えていません。土鍋で炊いたとかそういうことはいっさい。
 さすが、「違いがわかる男」。
 と、伯母さん感心しきりでございました(笑)

 なんにしても、おいしい、ということは幸せですね。

 この土鍋炊きについては私より母の方がハマっているようです。
 あたしがやるよ、と言っているのに、いいよいいよと言いながら自分で炊いてます。
 ありがたいのでそのままお任せしてます(笑)
 とはいえ、私もスキルを上げていきたいので、たまには私もやりたいですね。(^^;)

 まあ、吸水の仕方や時間、水の量、ちょっとしたことでごはんの炊き上がりも変わってしまい、ちょいちょいと失敗——とはいわないけど「予想外」の事態には、見舞われやすいですね。(^^;)
 そのへんは、経験値が上がると改善されていくと思われます。

 保温ジャー併用でなんとかなりますから、個人的にはごはん釜、おすすめです。

 ちなみに。
 このごはん釜なんですが、鍋が生成のものと黒のものがありまして。
 アマゾンさんではなぜか、黒の方がちょっとお安いです。

 生成りの方が人気があるのかな。(^^;)
  
 

Tea for One
2015年03月22日 (日) | 編集 |
 今日は日曜日だし、のんびりいきます。

 先日、雑貨屋さんの在庫一掃セールで、以前から欲しかったものを見つけまして。
 ティーコ(ー)ジー。またはティーコ(ー)ゼー。(tea cosy アメリカ英語: tea cozy)
 ティーポットカバー。保温カバーですねようするに。

 何年か前にちょっと紅茶にハマっておりまして。ティーバッグじゃなくてちゃんと茶葉で淹れる。
 で、猫舌のせいもあって、1杯目を飲むのに時間がかかり(………)、2杯目にいくころにはすっかりポットも冷めているんですよね。(^^;)
 そうなると、さすがにおいしくない;;
 それでティーコジーを探していたのですが、そのときにはなかなか見つからず、結局、あきらめてしまっておりました。

 そのまま忘れていましたが、思いもよらないところで可愛いのがあったのでつい購入。
 そうなると茶碗も新調したい気持ちになりました。
 でも、大げさなものは要らないしなー。といったところで思い出したのが、「1人用茶器セット」Tea for One.
 
 探してみたらけっこうちゃんとしたものがあるんですね。
 2、3万円もするようなものは要りませんが、だからといってあまりにオモチャっぽくても面白くない。
 ロイヤルアーデンの、そこそこのものを購入しました。

tea for one
tea for one

 ポットの容量は、今まで使っていたマグカップとほぼ同量なので、200cc くらいかなあ。付属のカップでも2杯分はありませんね。
 
 ティーコジーの威力はというと。
 最初の1杯を飲み終わってちょっと間をおいて、少なめの2杯目というころでも、まだ、湯気が立つほど温かかったです。ちゃんと保温効果はありますね。
 淹れたてのように熱々とはいきませんが、でも、湯気が立つくらいですからそこそこ。猫舌の私にはちょうどいい温度です。(^^;)

 模様はいろいろありましたが、これは葡萄。ちゃんと金彩もあって安っぽくはないです。

tea for one

 こちら↓の銘は、ソーサー、カップ、ポットそれぞれに入ってます。

tea for one

 カップの形状は、ポットを載せる都合上か、浅めで口が広い。紅茶は、渋みがあまり強くなくて、香りが高いものが合う、とされる形状ですね。
 ポットにはかわいい茶漉しが付いていまして、これにもちゃんと葡萄の柄が。

tea for one

 ティーコジーを使ってみたくて茶器を買う。
 本末転倒してますが、なかなか楽しいです。

 ちなみに、Tea for Two 2人用の、こういうコンパクトなセットもあります。ポットは、こちらのほうがもっとたっぷりしていて、いいかもしれませんね。

          ●

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」
 といったところでしょうか。拝見する方にも、なんだか嬉しい眺めです。(^^)
 生存確認してホッとするというのも、不思議な心理。
  
 
エルーカ ErucA| スカルプ&ボリューム
2014年01月20日 (月) | 編集 |
 たぶん明日はおやすみするかと思います。
 年度末が………年度末がやってきた…。
 毎年のことではありますが、年度末〜新年度の時期はほんとにもう…いろいろ怒濤になりますね。(^^;)

 季節性うつと、多忙な状況が重なるこの季節は、ほんとにもう………「慣れる」ってことがない気がする…。
 それでも、風邪も引かないインフルでもないというのはありがたいこと。
 おかげさまで、ほんと、だいぶ健康になりましたよ。

        ●

 今日はひさびさ、「おすすめ、お試し」で。

 稲垣吾郎さんがバスローブ姿で町を疾走するというCMが印象的だった(……逮捕されるねえあれは;;)、オイルシャンプーを使ってます。

 最近、商品名がホントに覚えられなくなって困ってんですが……えー……、そうそう、エルーカね。

エルーカ ErucA 公式サイト(株式会社パネス)
http://www.erucahair.jp



 商品説明によれば、エルーカ、スカルプ&ボリュームのシャンプーは、
頭皮にうるおいを、髪の根元にハリ・コシを与え、ボリューム感のある立体的な髪に仕上げるトリートメント スカルプケアです。3Dヒアルロン酸やベリー系のシードオイルなどを配合。髪深部とキューティクルを補修し、健康的な髪と地肌へ導きます。
 とのこと。

「スカルプ&ボリューム」と、「モイスト&リペア」の2種類がありますが、私は「スカルプ」を使っています。抜け毛が気になるお年頃なんで。(^^ゞ

 オイルシャンプーとはまた懐かしい、というのが、最初に聞いたときの印象でした。
 今を去る30年まえにも、オイルシャンプー、と銘打たれたものがありまして、私は乾燥肌の傾向があるせいか、オイルでしっとり、というのが合っていたんですね。
 なのに、それはあっさり製造中止に。1年間も使わなかったと思う。

 いまとなっては、製品名もメーカーさんも思い出せません。(^^;)

 それからいろんなシャンプーを使ってきましたが、ときおり、オイルシャンプー、よかったのになあ、と、どーしても乾燥には弱い髪を見ては思ってきたんでした。

 去年の9月にわけあって、パーマをかけたんですが、どうもそれ以来、髪が落ち着かない。ぱさつくなんてもんじゃない。
 体調がイマイチだったことや、乾燥へ向かう季節だったせいもあるかとは思いますが、なんかもう、朝起きるたびに、櫛もまともに通らない髪にはほとほと困り果てていました。

 ということで、「まあ吾郎ちゃん、逮捕されるわよ」というCMを見つつ、「オイルシャンプーか〜」と、その名前に引かれまして。

 ドラッグストアで、なんと30分ちかく悩んだ末に、こちら、エルーカの「スカルプ&ボリューム」、シャンプーとトリートメントを購入しました。
 もう1種類、エルーカ以外のオイルシャンプーも並んで売ってまして…。
 そちらもいいような気がして、悩みに悩んでおりましたのです。

 髪の乾燥が気になっているので、モイスト&リペアのほうがいいかな、と思ったんですが——そのドラッグストアでは、どのタイプがいいか、というのを考える Yes/No チャートが、特設売り場に置いてありまして。
 やってみたら、スカルプのほうになったので、んじゃ、これを試してみようか、と。

 もう1種類のほうには、1回使い切りのお試しセットが売っていて、エルーカもそういうのがあればいいのにな、と思いながら、どーんとでっかい、あのボトルで買ってきました。
 
 効果は、私の場合、3回目の使用ではっきりわかりました。
 最初に使った日ですでに、「あ、ちょっと落ち着いた」(パーマでばさばさだったのが)、と思いましたが、3回目ではっきりと、しっとり感が出ました。

 朝起きると、パーマ爆発アタマだったのが、ちゃんとおとなしくなり、整髪フォームなどを使わずとも、そのままブラッシングできるくらいにまともになりました。よかったよかった(感涙)
 ほんとに、いっときはもう、どうなることかと思いましたから。

 パーマの関係で、ぱさつきはまだあるのですが、これはシャンプーのせいではありません。もとから毛が細いから、しょうがないんですよね。
 はやいとこ、とれてくれないかしらんこのパーマ;;

 ともあれ、そういうわけで、オイルシャンプー、ようございました。

 モイストシリーズは使っていないのでわかりませんが、このスカルプのシャンプーの香りは、ブルーベリーか、あるいはカシスか、という感じの香りで、フルーティというよりも……、
「ブルーベリーのチューインガムの匂いだ!」
 と、最初には叫びました。(^^;)

 でも、しつこい香りじゃありませんから、大丈夫ですよ。
 洗髪時にはその香りの甘さにビビりましたが、髪を乾かしてしまうころにはほとんど香りは感じなくなります。
 それでいいと思います……最近、柔軟剤でも何でも、香り香りってうるさすぎる;;
 
 洗髪後、髪をすくって鼻に近づけると、ほのかに残っているという程度です。あんまりにおいが強くて「香害」になるようなことはありませんでしょう。
 
 ことさら、冬の乾燥に効く、といえるかどうかはわかりませんが、乾燥肌系&髪が細い(ぱさつきやすい)、という私には、よく合っているようです。

 抜け毛のほうですが、……どうなんでしょうか。これはもう、サプリメントや育毛剤も合わせて使っているので、どれがどうとはいえませんが、でも、気をつけるようになってからはたしかに、抜け毛も減ってます。

 父が亡くなる前後から、かなり抜け毛がひどかったのに、ああひどいなと思うだけでなんの手当もしなかった、自分の心理状態のほうが、いまとなっては、問題だったなーと思います。なんかこう、ストレスで感覚麻痺みたいになっちゃうんですかねえ。
 で、多少回復してきたところで、はっと気がついて、これはいかん、と思う、という。

 
 ともあれ30年ぶりのオイルシャンプーですが、私には合ったようでよかったです。

 モイストのほうも、次には試してみようかな。
 
カルシウム考
2013年11月29日 (金) | 編集 |
 まずはカルシウムの働きから。

●骨や歯をつくる
●内臓機能を調整する
●心臓などの筋肉を動かす(筋肉の収縮弛緩)
●血液を弱アルカリ性に保つ
●止血作用
●脳神経細胞の興奮抑制
●神経伝達系の調整
●血圧を調整する
●ホルモン分泌調整(成長ホルモンをはじめとする様々なホルモンの分泌)
●免疫機構に関与(細菌やウィルスを撃退する白血球やリンパ球の情報を伝えます)

 単純に、カルシウムが少ないと骨粗しょう症になるよという話じゃないんですよね。
 私はその程度にしか理解していませんでした。(^^;) 甘かった。いろいろ。

 ということで、カルシウムが不足すると、

■成長不良
■骨そしょう症
■椎間板ヘルニア
■イライラ
■高血圧
■肩こり
■感覚鈍磨
■心筋衰弱
■動脈硬化
■腎臓結石
■各種アレルギー
■腕や足の筋肉がピクピク動く

 血流が滞りがちになることから生じる不具合の症状はいろいろあるので、上記以外にもあると思われます。私の場合、白髪と抜け毛も関係していたようです。
 不気味だったのは、筋肉がピクピク動くこと。
 動き回っているときはなんともないのですが、横になると、足や腕の、あちこちの筋肉が、ピクピクと動くんですね。
 
 あと、神経の伝達に関係するのでしょうが、テーブルのうえのコップなどに手が触って倒す、というような、なんかこう、体の動きがままならないような気がしました。
 父がALSでしたから、なんだか似てるかなあと思うと、ちょっと怖い気がしました。(ALS にも家族性のものがあるようですが、割合としては低く、遺伝は関係ないことが多いです)

 まぶたの細かいけいれんもありまして。そんなにしょっちゅうではないし、そのけいれんがひどくなっていくということもないので、眼瞼けいれん等とも思えない、まあ疲れ目かな、とは思っていたんですが。

 そんな具合で、べつに病院へ行くほどではないが、どうも体があちこちうまく動かない感じがあり、それも、だんだんとひどくなっていく感じでした。
 いちばん、え〜と思ったのは、「指先の痛み」。

 爪を切ると、爪が、肉から離れるような、いやーな痛みがあったんですよね。
 爪が剥がれているのかと思いましたが、そういうことでもない。
 でも、そういう感じの痛みがある。
 こういう意味不明、正体不明の痛みがほかにもあり、さすがに不気味に思い、また、筋肉の細かいピクピクした動きも気になり、そこからあれこれ調べたら、「カルシウム不足」ということに行き当たりました。

 カルシウムが不足するとこんな症状、現象があるよ、というのが、——全項目、当てはまる。(^^;)
 あー。もしかしてこれ? と思いまして。

 不整脈についても不気味に思っていましたが、NHK「ためしてガッテン」で、更年期の女性に多く、更年期障害のせいにされて見過ごされてしまう「微小血管狭心症」の回を見るに至り、ああ、と思いました。
 この微小血管狭心症の治療には、カルシウムをお薬として服用するとききまして——なるほど、カルシウムなのか、と。

 ということで、7月中旬から、意識して、カルシウムをとるようにしてみました。
 豆乳とヨーグルト、小松菜、という、食品からとることと、あとはやはり、症状がこうもあちこちに出ている以上はしょうがない、と思い、サプリメントのお世話に。
 
 DHCさんの「カルシウム」と、メグビーさんの「メグビーボーン」



 心がけて1週間以内には、筋肉とまぶたのピクピクは治まりました。
 なんともいいようのない気だるさがなくなり、——あれは不思議ですね、そのときはとくに気にしていなかったですが、改善されたときに、「あ、だるかったんだな」と気がつく。
 爪がはがれるような、指先の妙な痛みはなくなり、脈が安定し、寝つきがよくなり、——抜け毛がかなり減りました。(^^;)

 それで夏を乗り切ったので調子に乗っていたら、この秋にはまたちょっと、ぶりかえしたものもありますが(鼻炎と皮膚炎がちょっと;;)、筋肉とまぶたのぴくつきがないだけでもありがたい。
 また、手足の動きがなんだか自分の思う通りにいかない感じ——つまづいたり、手の動きでものをひっかけて倒したり、ということも減りまして。
 認知症との関係が言われるのも、こんなあたりかと思いました。

 そんなわけで。

 日本人の食生活ではことさらにカルシウムは不足しているのだそうですが、不足するとこうなるよーという症状、見てみると、ほとんどが老化現象と呼ばれるものだと気がつきまして。
 
 タンパク質や、それ以外のビタミン、ミネラルがそろっていることにくわえ、カルシウム、というのは、日本人にとっては気をつけるべきところなんじゃないだろうかと思っております。

 また、ホルモンバランスにもカルシウムが関係するとか。

 これはですねえ、じつはカルシウムをせっせととるようにして以来、私にとっては頭痛の種だった「中間期腹痛」がなくなり、あの下腹部が腫れ上がるような、異様な鈍重感がかーなり軽減されたんですよね。
 私は生理痛はほぼゼロなんですが、そのかわりのように、中間期のほうがいろいろ、体調が悪くなってしまいます。
 察するに、プロゲステロンあたりがうまく出てこないんだろうなと思っていましたが、——その辺りがさっそく影響を受けたもよう。

 漢方薬や、サンシュユエキスにお世話になって、それでだいぶ楽にはなったものの、やはり腹痛と不快感はあったので——それがほとんどなくなったというのもありがたいこと。

 現代人に、アレルギーが増えていること、こういう、ホルモンバランスの乱れから起こる体調不良や病気には、案外、このミネラルが関係しているかもしれませんね。

 医者に行くほどではないが、しかしどうも不調があってつらい、という方で、上記項目にお心当たりがあり、カルシウム不足が考えられる方(ストレスが強いひとは、摂取量が多くても消費量も増えますので、結果、不足、ということになります)、どうも食品からは摂取、吸収がしにくいものらしいので、サプリメントもいかがでしょうか、というおすすめです。(^^)

 もちろん栄養というのは、なにかひとつを摂っていればいいということではなくて、ありとあらゆるものを、バランスよく取り入れるのが理想ですね。
 消化吸収のためには酵素も必要ですから、食品の生食というのも必要ですし。

 ただ、いまの自分にはとくに、この栄養素の強化が必要だということがわかったら、そうしてみる、ということも、大事なことだろうと思います。

 私のように、病院へいくほどではないが、どうもいろんな不調があって気になるという方は多いと思われますので、どなたかのご参考になれば嬉しいな——ということで書いてみました。

 私もこのへん、体を張ってやってます(笑)

 
ヨーグルトメーカーで本物の甘酒を
2013年03月05日 (火) | 編集 |
 ということで今年のひな祭りは、「本物の甘酒」をいただきまして。
 セゾンファクトリーさんの甘酒をいただきました。
 おいしゅうございました。(-人-)

 今年は初詣での三島大社(静岡県三島市)、そのお茶屋さんで、本物の甘酒をいただき、パワフルなことに本気で驚愕致しました。

 なにしろ出かけるときには、胃の具合が悪くてへろへろしていたのに、甘酒1杯でいきなり復活しましたからねー。
 あの説明のしようのない、なんともいえない「不調」感が、吹き飛んでいました。
 
 なるほど江戸時代、夏バテ対策ドリンクとして人々に愛飲されたのは道理。
 しかも、お米と麹で作る本物の甘酒は、後味がさわやかで美味しいのです。

 さっきから、本物の甘酒、と、なぜいちいち言うかと申しますと、たぶん、世間で多く出回る大量生産型の甘酒は「酒粕(さけかす)と砂糖」で作られたものだからです。
 ここだけの話ですが、私、あれ、湯飲み一杯分も飲みきれません;;

 しょうがをひとかけ、すりおろしたものを入れてくれれば、げふげふ言いながらもなんとか飲める。それが甘酒というものだと思ってきたのですが。

 いや、それはとんでもない誤解。
 調べてみると、酒粕+砂糖というのは、こういっちゃなんですが「なんちゃって甘酒」なんですね。
 たしかに、手軽に手早くまた大量に作ることもたやすいのはメリットですが、しょせん、それは「代用品」。

 お米と麹で発酵させて作る甘酒は、時間も手間もかかり、大量に作るのも(酒粕版に比べれば)たやすいとは言い難い。
 でも、——それでも、やはり本物の甘酒は、おいしいです。甘いのに、のどごしはさわやかで。
 薄荷ではないのですが、ああいう感じの爽やかさが、ほんのり、かすかに、喉と鼻腔の境目当たりをふわっと撫でて、喉から胃へと流れていく。
 そんな感じです。

 これだったら、湯飲み2杯はいける。……ただ、それなりにカロリーはありますが。
(セゾンファクトリーさんの甘酒は、100g当たり164 Kcal だそうです)
(だから栄養ドリンク足り得るんですね)

 私も塩麹を作っているから、麹なら自宅にもあることが多い。甘酒、あたしも自作しようかなあ。と思い、あれこれ作り方を調べていました。
 やはり多いのは、炊飯器を使うことなんですが——炊飯器を1晩(たとえばですが)、甘酒に占拠させるのはちょっと不都合がある。といって、甘酒専用に炊飯器を買ったら、そりゃさすがに馬鹿だろう;; などと。

 思っていたら、店(てん)から啓示がやって参りました。(買った米麹のパッケージに、調理例として印刷されていた)

 ヨーグルトメーカー!!(←ドラえもん風)



 これを使うと塩麹も短期間で作れるらしいのですが、それはまあいいや。
 ともあれ、甘酒は、温度管理、しかもそれを6〜8時間、維持していく必要があるのですが、そのへんも、炊飯器を使うより、このヨーグルトメーカーを使うと簡単、——らしいのです。レビューによれば。

 買おうかな、どうしようかな、とただいま考え中。
 
 買うんだったら、また台所の食器か、道具かを処分して、収納スペースを確保しなければなりませんが、でも、これそんなに大きいものではないですしね。

 これで、ただいま人気のR−1(あーる・わん)ヨーグルトをタネにしてヨーグルトを作ってます、という方もいらっしゃるようです。
 しかし、水を差すようで申し訳ないが、たしかにヨーグルトはできているでしょうが、それがR−1ヨーグルトになっているかどうかは、また別問題らしいです。

 そういえば、うちでは去年の秋から、R−1ヨーグルトを宅配してもらっていますが、去年〜今年の年末年始、ついにうちの母は風邪を引きませんでした。
 毎年、どうしても、正月か、正月明けには風邪を引くのが恒例なんですが、今年は、ちょっと眠いといって1日、うとうとしていた日があっただけで、風邪は引いていません。

 インフルエンザに効果があるという噂のR−1ですが、やっぱり免疫力をあげてくれるんでしょうかね……?

 いやいや、それより甘酒。

 私は冬バテはしても夏バテは(あんまり)しないので(体重は減るが)、冬バテ対策の栄養ドリンクとしての甘酒は、いいかもしれない。

 市販で、きちんとした麹の甘酒を買おうとするとけっこうなお値段になるから、それを思えば、ヨーグルトメーカーで自作したほうがいいかもしれませんね。

 それにしても——なるほど、発酵食品パワーというのはすごいもんです。