Category [きもの・和服 ] 記事一覧

夏きもののオススメ

 明日はこちらおやすみいたします。m(_ _)m 昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲を演奏して人気を博した、三浦文彰さんと東京フィルハーモニー交響楽団によるコンサートに行ってくるですよ…! 三浦さんご使用のバイオリンが今年初め頃でしたか、変わりまして。 楽器がストラディヴァリウス(1704年製作“Viotti”)になってからは、私は初めてのコンサートになります。  クラシックに詳しい方によると、もちろんストラデ...

きものにゴスロリ

 リオデジャネイロ・オリンピックも閉幕、パラリンピックの開幕を待つばかりとなっております。 閉会式では、五輪旗を次の開催地へ手渡すというセレモニーがありまして、小池百合子東京都知事が旗を受け取ったわけですが、そのときのご衣装がすてきでしたね。 私は詳細聞いておりませんが、きもので——白っぽいベージュに、和刺繍の、あれは鶴の柄でしたか。 訪問着なのか、色留袖になるのかはちょっとわかりませんでしたが——絵...

夏きもの&簡単帯結び

昨日のおでかけはこのカッコ。和装トルソー、通称ボディさんに着てもらいました。東レ、セオアルファ素材の浴衣と長襦袢。洗う前に写真をと思って適当にやりすぎですが帯結びは「貝の口」。三分紐で抑えました。帯留めは手作りのいただきもの。 pic.twitter.com/dGcqxx8WAL— みずはら mizuhara (@gibbous_leo) 2016年7月16日  いつ以来になるのかちょっと思い出せないくらいお久しぶりで本日はきものの話を。 わりとこう、...

新型・お直しおばさんを目指す

こんないじわるをいう人がいるから若い人は着物を怖がるのです。優しく教えてあげるから聞いてねと言って上げて貰いたいです。お願い。 https://t.co/K8AakrMsfm— 三島染色補正店四代目/三島正義 (@kokounosyokunin) 2016年5月16日  引用されているツイートが削除されてしまったので、こちらのツイートを見てもなんのこっちゃと思われるでしょうが、「きものを左前に着るような愚か者にはきものは着て欲しくない」という、...

「女紋」続

 10月いっぱいは、当ブログのトップにおいておく予定の、「緊急 支援のお願い」、ブログ「まいにち譲渡会」様のその後の経過を拝見して、ちょっとホッとしました。 まだ保護できていないにゃんこが20数頭いるということで、これまで保護された猫たちの状態から察するに、その、保護が難しい子たちがどれほどの状態に置かれているかを考えると、胸が痛みます。 それでも、もう30数頭の猫たちが、安心できる環境にいられることを...

女紋

 昨日の朝刊に、コラム……だと思うのですが、ちょっと面白い記事がありまして。「母から娘へ 女紋」 というお題。 これは以前からちょっと悩んでいたものだったので、おお、と思ってスクラップ。 着物は、正装には紋付がありますが、その紋について調べているときに、女紋というものがある、と聞きました。 が、具体的なことが、どうもはっきりしない。 よくわからないなあと思っていたので、この記事には思わず食いついてし...

平成のハイカラさん

 今朝起き抜けのニュースが、ボストンマラソンでの爆発でした。 今のところ情報が整理されておらず、何はともあれ参加者の安否確認が最優先の状況かと思います。 すでに死傷者があるということで、ご関係者の方のご心配は察してあまりあります。       ● うひゃー。これはすごい。「振袖で乗れる自転車」!!・着物で乗れる自転車「KOTO LX 20」登場 京都発・工夫とこだわりを重ねた開発秘話2013/04/13 06:00 cyclist...

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ